最新トピックス

2013年11月18日

免許の申請先

酒類販売業免許の申請は、販売予定場所を管轄する税務署へ行います。

そして、免許はお酒の販売を行う場所ごとに必要です。

例えば、実店舗を設けて販売する場合には、 同じ会社であっても店舗ごとに免許を

取得することとなります。

複数の実店舗にて、お酒の販売をしたい場合には、

それぞれの店舗を管轄する税務署へ免許の申請を行います。

 

 

・新店舗を出す度に、管轄税務署へ申請しに行く時間がない。

・提出書類が多く、免許取得のための人手がない。

・申請後も何度も補正があり、免許取得まで大幅に時間がかかってしまった。

 

そんな方は、 ぜひサポート行政書士法人にご相談ください。