最新トピックス

2013年12月2日

個人での申請

こんにちは。

 

個人で酒類販売業免許の申請を行う場合には、 法人とは一部必要書類が異なります。

 

個人で申請する場合、例えば 直近まで会社勤めをされていた方は、源泉徴収票の写し

個人事業主として営業されてきた方は、確定申告書の写しを求められるケースが多いです。

税務署発行の免許申請の手引きの中の、申請書類一覧表には記載がないので 注意が必要です。

 

弊社では、関東圏はもちろん、 北海道・東北・中部・近畿・九州等、全国のご相談に対応しております。

酒類販売業免許取得についてのご相談は、サポート行政書士法人へ!