最新トピックス

2017年12月5日

旅行サービス手配業について

こんにちは。
旅行業担当の大久保です。

平成29年10月に旅行業法の改正が発表されました。

新たに『旅行サービス手配業』というのが誕生します。

旅行サービス手配業とは、
報酬を得て、旅行業者(外国旅行業者を含む)の依頼を受けて、
旅行者に対する宿泊施設の手配、運送等サービス又は運送等関連サービスの提供について、
これらのサービスを提供する者との間で、代理して契約を締結し、媒介をし、又は取次ぎをする行為
(取引の公正、旅行の安全及び旅行者の利便の確保に支障を及ぼすおそれがないものとして
国土交通省令で定めるものを除く。)を行う事業を言います。

つまり、今までは登録が必要なかったランドオペレーターが、新たに登録が必要になったということです。

旅行サービス手配業は管轄の知事の登録が必要となり、旅行サービス手配業務取扱管理者の選任が必要となります。


いままで、登録が必要なかったために、ランドオペレータとしてそのまま営業を続けてしまうと、
無登録営業として、法律により処分されてしまいます。

お早めにお手続きください。


詳しい要件や登録方法などは、弊社までお気軽にご相談ください。

2017年2月22日

決算書を提出する際に注意!!

2016年9月26日

TEL・FAX番号の変更

こんにちは。

新宿オフィス旅行業担当の大久保です。

旅行業の営業所の移転の際に見落とされやすいのが、
電話番号・FAX番号の変更です。

電話番号やFAX番号が変更になった場合でも変更届が必要です。
添付書類には電話番号等を記入する欄がないため、見落とされやすいのですが、
添付書類にも欄外に記載する必要があります。

旅行業、旅行業代理業の届出に関しては、お気軽にお問い合わせ下さい。

2016年8月23日

旅行業者代理業者の変更届について
新宿オフィス旅行業担当です。

旅行業者代理業者の方が、主たる営業所の移転やその他の営業所の新設が起こった場合、
変更届を提出する必要があります。

その際に、代理業者が提出する前に、
所属の旅行業者が「登録事項変更届出書」を提出する必要があります。

その旅行業者の届出書の写しが揃って、初めて、代理業者は変更届が提出できるので、
ご注意ください。


旅行業者、旅行業者代理業者の登録や届出に関することは、お気軽にお問い合わせ下さい。

2016年7月6日

商号についての注意点

こんにちは。

サポート行政書士法人の旅行業担当のジョナタです!


旅行業登録の更新をする際、商号登録について注意点があります。

●新規登録で商号の英字を記載した場合、更新登録申請のときも商号の英字を記載する必要があります。

●旅行業/旅行業者代理業更新の際は、新規登録時の商号の英字表記をご確認ください。


弊社では、旅行業/旅行業者代理業登録の新規登録申請、更新申請、100日報告(取引額報告)手続き、
各種変更手続きの他、社内研修の実施、自己点検/実態調査サポート等、
旅行業務を適切に行っていく為に必要なサポートを行っています。

初回のご相談は無料で対応しています。

お気軽にご相談下さい。

1 / 141234510...最後 »