最新トピックス

2013年4月1日

名古屋保健所:旅館業許可

当社で旅館業許可申請のご依頼が多い地域について詳しく説明をしています。

ここでは、名古屋市区内保健所管轄での申請について説明をします。

名古屋市旅館等指導要綱の基準を満たしていなければ旅館業許可の申請をすることはできません。

当該基準の審査手続きは名古屋市役所の健康福祉局健康部環境薬務課が窓口となります。

名古屋市健康福祉局健康部環境薬務課

所管区域

名古屋市内の旅館・ホテル

住所

〒460-8508

愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番1号

電話番号

052-972-2642

ファックス番号

052-972-4153

指導要綱に関する審査手続きが終わりましたら、各区を所管する保健所に相談に行き、旅館業許可の申請を行います。

名古屋市各区保健所 旅館業許可申請 書類一覧

名古屋市内の旅館・ホテルで旅館業許可申請をする際には以下の書類を提出します。

旅館業許可の申請が必要なケースはこのような場合です。

 

□新しく建物を建て、旅館業を経営する場合

 

□既許可営業施設の移転、建築延べ面積の50%以上にわたる増改築等を行う場合

 

□既存の建築物(旅館業以外の用途)を用途変更して、旅館業を営業する場合

 

□既許可営業施設を譲り受け、新たに旅館業を経営する場合

 

□既許可営業の種別を変更する場合(例:旅館営業→簡易宿所営業)

 

1

旅館業許可申請書

2

法人の場合:定款又は寄付行為の写し

3

法人の場合:登記事項証明書

4

建築物検査済証の写し

5

消防法令適合通知書

6

水質検査成績書(井水を洗面所等に使用する場合)

7

付近見取図(営業施設の所在地を中心とし、半径200mの地域)

8

敷地及び建物配置図

9

各階平面図及び立面図

10

玄関帳場周囲の鳥かん図

11

広告物及び屋外照明設備等の形状及び色彩並びに設置場所を明示した図面

12

空気調和設備の系統図

13

給排水設備の系統図

名古屋市各区保健所 食品営業許可申請 書類一覧

旅館・ホテル内にてレストラン・食堂を設置し、飲食を提供する場合は、旅館業許可申請の他に食品営業許可の申請も必要となります。この場合に必要となる書類は以下になります。

1

食品営業許可申請書

2

営業所付近の見取図

3

敷地及び建物の平面図

4

営業施設の配置図

5

食品衛生責任者設置届・資格証明書

旅館業に関する申請のことならサポート行政書士法人へ

サポート行政書士法人では、新規で旅館業・ホテル業へ参入される方から、既存の旅館業・ホテル業の皆さまに対して、旅館業営業許可に関する申請サポートや専門性の高いコンサルティングを行っております。

旅館業営業許可は、各保健所が管轄しており、ローカルルールも保健所ごとに存在します。弊社の担当者は、全国の都道府県で申請実績がございます。ぜひご相談ください。

 

旅館業営業許可申請専門チーム
専任スタッフが全国の案件を対応しております。