最新トピックス

2013年8月30日

病院同行の打ち合わせ

異議申し立てを依頼して下さった申請者様の病院同行にむけて、社内打ち合わせを行ないました。
後遺障害認定は基本的に書面審査(後遺障害診断書など)となるため、
しっかり申請者様の意見が反映された診断書が重要です。

特に異議申し立ての場合は、前回の診断書の内容を変更・補完していくことが必要です。

今回の事前打ち合わせでは、医師と申請者、当社の関係を如何に築くかという点を打ち合わせしました。
初回の同行になるので、今後の申請の流れを踏まえた関係性が重要です。
これまでの病院同行の情報共有、ロープレなど、短時間ながらも密度の濃い打ち合わせでした。

もちろん、怪我が完治するのが一番ではあるのですが、
もし症状が残ってしまったなら、適切な後遺障害認定を受けてほしい。
常に、後遺障害認定スタッフが思っていることです。

病院同行も、そのための1つとして取り組んでいます。