最新トピックス

2016年7月19日

古物商を取得後の手続き

古物商として許可を得た人(法人含む)の下記情報が変更したときは、経由警察署に対して、古物商の変更届や書換申請を提出する必要があります。

 

・許可を受けた者(法人含む)の所在地
・許可を受けた者(法人含む)の名前
・古物の取扱品目の変更
・営業所の管理者の住所や名前の変更
・法人の役員の変更 など
許可を受けた者(法人含む)の所在地許可を受けた者(法人含む)の名前古物の取扱品目の変更営業所の管理者の住所や名前の変更法人の役員の変更 など

 

法人の所在地の変更など、古物商許可証の記載内容を書き換える必要がある書換申請は、手数料がかかりますが、変更届は手数料がかかりません。

古物商の変更届や書換申請には、期限が設けられています。基本は変更があったときから14日以内ですが、登記事項証明書の提出が必要な場合は、20日に延長されます。登記に時間がかかり、気付いたら20日間を過ぎてしまった、なんてことも良くあります。

数日過ぎてしまいますと、場合によっては「始末書」を提出しなければならないので、注意が必要です。