最新トピックス

2017年3月31日

警備業の認定申請 ―認定の有効期間―

こんにちは、サポート行政書士法人の増野です。

警備業の認定証の有効期間は、認定を受けた日から起算して「5年間」です。

認定証の有効期間満了後も、継続して警備業を行う場合は、
有効期間満了日の「30日前まで」に更新申請を行う必要があります。

この更新申請の受付開始時期については、管轄警察署によって指示が異なりますが、
東京都内の場合は、有効期間満了日の「3ヵ月前から」更新申請を受付しています。

その他の都道府県の場合、有効期間満了日の「2ヶ月前から」受付開始等、様々です。

実際のお手続きにあたっては管轄警察署の指示に従って、ご対応をお願いします。

なお、更新申請の際は、新規申請の時と同様、
役員や指導教育責任者の各種証明書等を提出する必要があります。

書類を揃えるのに思ったよりも時間がかかることが多いので、
なるべくお早目のご準備をお勧めします。

弊社では、警備業の新規認定申請の他、更新申請や期日管理サポートを行っています。

初回のご相談は無料で対応します。お気軽にご相談下さい。