最新トピックス

2013年9月6日

平成24年の技術ビザ・人文知識国際業務ビザ 認定証明書交付状況

法務省入国管理局が、7月31日付で平成24年の「技術ビザ」「人文知識・国際業務ビザ」交付状況を発表しました。
平成24年に技術、人文知識国際業務の在留資格認定証明書の交付を受けた外国人の合計は、1万2677人。
昨年より1273人(率にして、11.2%)増加しています。

国籍別に見ると、上位5カ国は
中国、アメリカ、韓国、インド、ベトナムで、いずれも前年より数が増えています。

職務内容については、
情報処理分野、教育分野、翻訳・通訳分野、技術開発分野が上位を占めています。

興味深いのは、過半数が300人以下の中小企業に就職しているという点です。
海外進出・展開を考える企業も増え、
優秀な人材の確保を急いでいる結果でしょう。

今後、技術者の招聘だけでなく、
優秀な留学生を新卒採用する企業も増えてくることが予想されます。

日本も労働力人口がどんどん減っていきますが、外国人を上手に雇用して、成長する企業も増えていくのではないでしょうか。
各ビザについて、詳しくは下記リンクを参照ください。

人文知識国際業務ビザについて
技術ビザについて
採用理由書テンプレート