最新トピックス

2017年6月16日

使い捨ての医療機器、再利用可能になりました

カテーテルなど、これまでは一度使えば廃棄しなければいけない機器を
業者が集めて分解、洗浄、組み立て直して販売できるようになる仕組みが早ければ7月にも創設されます。

この再利用できる機器は国内の医療機関で使用されたものに限られます。
感染症患者への治療や検査に使われたものや、人の体に埋め込まれた機器の再利用は認められません。

この、医療機器を回収し、出荷するためには医療機器の製造販売業の許可が必要となり、
尚且つこの医療機器について医薬品医療機器総合機構(PMDA)の再製造品として承認が必要となります。
また、年1回の立ち入り調査があります。