最新トピックス

2016年9月23日

建物の点検をするには

ドローンの飛行許可・承認に関するお問い合わせの中で比較的多い相談が、建物の点検をしたいというものです。

 

この建物の点検のために必要となる承認の種類が、主に「建物から30m未満の飛行」と「目視外飛行」になります。

 

目視外飛行については、モニター越しの操縦技術が必要となるため、許可・承認申請の際の操縦訓練もそれに特化した項目を盛り込む必要があります。

 

また、申請される方の多くが希望される「夜間飛行」との兼用は一般的に承認されづらいため、注意が必要です。

 

ドローン飛行許可申請に際してお困りでしたら遠慮なくご相談ください!