家賃債務保証業登録

サポート行政書士法人スタッフ

家賃債務保証業とは、賃貸住宅の賃借人(借りる側)の委託を受けて、当該賃借人の家賃の支払に係る債務を保証することを業として行うことをいいます。

 

平成29年10月25日以降、一定の要件を満たす家賃債務保証業者は、家賃債務保証業を適正かつ確実に実施できる者として、国の登録を受けることができます。

※なお、この家賃債務保証業登録は、「任意」の登録制度です。 登録がなくても家賃債務保証業を営むことができます。

家賃債務保証業のスキーム図(例)

万が一、賃借人(借りる側)が、家賃の支払いを滞納した場合は、

家賃債務保証業者は、賃借人(借りる側)の代わりに、滞納した賃料を賃貸人(貸す側)に支払い、

後日、代わりに支払った弁済金を、賃借人(借りる側)に請求し、回収する形になります。

 

この家賃債務を一定の要件を満たす家賃債務保証業者が保証してあげることで、

賃貸人(貸す側)は、家賃滞納リスクが減る為、入居希望者に物件を貸しやすくなることが期待されます。

 

また、賃借人(借りる側)も、これまで連帯保証人不在等の理由で入居できなかった物件について、

家賃債務保証業者に保証を委託することで、入居できる可能性・選択肢が広がります。

家賃債務保証業登録に関する許認可のご相談はサポート行政書士法人へ
医療機器申請専門チーム
専任スタッフが全国の案件を対応しております。

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせください(相談無料、見積り無料)

お問い合わせいただいた方には、
原則、当日または翌営業日にご返信しています。

2営業日以上連絡がない場合は、送信できていない場合があります。
お手数ですが、もう一度、当フォームよりお問い合わせください。

なお、お電話でのご相談も受け付けております。
お気軽にご相談ください!
  1. 相談希望オフィス
  2. 送信ボタンは、1回だけクリックしてください
 

家賃債務保証業登録TOP

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談