特殊車両通行許可

海上コンテナ車の通行許可

海上コンテナ車とは

海上コンテナとは、輸出入貨物を積載するコンテナで国内で積み替えを行わず、輸出入時の状態と同じ状態で積載されるものを運搬するセミトレーラ連結車を指します。
画像引用:国土交通省

ヘッド・セミトレーラでの特殊車両通行許可の申請方法

特殊車両通行許可の申請は普通申請と包括申請があります。

 

普通申請とは、申請車両台数1台の申請を指します。

海上コンテナ車の場合、ヘッドかシャーシどちらかでも複数の場合は包括申請になります。

包括申請は、シャーシの長さ、積載物が同じ場合のみ、一度での申請が可能です。

 

また、シャーシの長さや積載物が違う場合は別々に申請が必要です。

例えば、ヘッドが3台でシャーシが3台(20ft用、40ft用、45ft用一台ずつ)がある場合には、

 

ヘッド3台+20ft

ヘッド3台+40ft

ヘッド3台+45ft

 

の3申請必要となります。

 

最近では、マルチシャーシトレーラという、伸び縮みするシャーシもあるようですが、この場合も、長さ毎に申請が必要です。

往路・復路の申請

また、往路が積車状態で、復路が空車状態の場合も、往路と復路で別々の申請が必要です。
積車状態(往路)と空車状態(復路)でそれぞれ審査され、通行条件が付されます。この場合、両方の許可証を車両に携帯しなければなりません。

往路、復路とも一つの申請とする場合は、両路とも積載状態として審査され、通行条件が付されます。

当社のサポート内容

長さと重さによっては通れる道路と通れない道路が存在します。
当社では、許可の出やすい経路を提案し、アレンジすることもサポートしています。
また、経路が多数存在する場合の管理もお任せください。

特車の申請は、申請先から修正などで返却される場合が多く、許可が下りるまで時間がかかります。
その際の交渉や事前調査などで、当社は許可がおりる最後までサポートいたします。

今まで多くの案件を取り扱ってきたノウハウがありますので、お客様が出来るだけ早く申請許可が下りるように全力でサポート致します。

ぜひ、当社にお問い合わせください。
煩雑な特殊車両通行許可申請はサポート行政書士法人へお任せ下さい

経験豊富な当社の専任スタッフが、貴社の特殊車両通行許可申請をサポート致します。

特に全国規模で事業をされている事業者様の申請管理を得意としています。

・車両の入れ替えが多くて管理が追い付いていない

・担当者の異動、退職でわかる社員がいない

煩雑な申請をアウトソーシングしていただくことによりご担当者様の業務削減をお手伝いいたします。

まずはお気軽にご相談ください。

特殊車両申請専門チーム
専任スタッフが全国の案件を対応しております。

特殊車両通行許可TOP

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談
  • 秋葉原オフィス