旅客運送業許可

貸切バス:更新

一般貸切旅客自動車運送事業の事業許可の更新の申請時期について

更新許可申請書の受付期間

2017年4月1日以降の申請について、許可の更新時期は以下の通りになります。

有効期限の満了の日

 申請時期

4月1日から6月30日まで

同年2月中 

 7月1日から9月30日まで 

同年5月中

10月1日から12月31日まで

同年8月中 

1月1日から3月31日まで

前年11月中

・更新許可申請に係る審査業務を平準化し、効率的に処理するため、申請書は一定期間分まとめて受け付けられ、四半期ごとにまとめて処理が行われます。
・申請書の提出漏れを防止するため、受付期間終了後に未提出事業者を確認する期間が設けられます。
 

ただし、経過措置として、有効期間の満了の日が2017年4月1日~9月30日までの事業者については、以下の通りの申請期間となります。

 

有効期間の満了の日 申請時期 安全投資計画及び事業収支見積書の提出期限
2017年4月1日~4月30日 有効期間の満了の日まで 6月30日まで
5月1日~6月30日 4月中 6月30日まで
7月1日~9月30日 5月1日~5月31日 6月30日まで

 

初回更新の期限

 ・既存事業者の初回更新の期限については、許可(免許を含む)を受けた年の西暦下一桁に応じて年が決められ、許可を受けた日に応じて月日が決められます。

 
【例】
2001年1月6日に許可を受けた場合⇒2021年1月6日まで事業許可が有効
 
 
・2017年4月1日~4月30日までに申請が必要な場合、事業許可の有効期限内に申請書を提出する必要がありますが、経過措置として、安全投資計画及び事業収支見積書の提出期限は6月30日までになります。
・期限内に必要書類を提出した場合は、事業の許可は更新の許可また不許可の処分を受けるまで失効しません。
・初回更新日については、2016年度中に全事業者宛に通知するとともに、各事業者の更新期限に先立って、改めて通知されます。

運送事業の申請のことならサポート行政書士法人へ

サポート行政書士法人では、新規で運送事業の登録・許可取得される方から、すでに運送事業を運営されている皆さまに対して、運送事業に関する申請サポートやコンサルティングを行っております。

運送事業は、許可を受けるだけの段階から、コンプライアンス体制の構築が求められる段階になっています。

弊社の担当者は、全国の都道府県で申請実績がございます。ぜひご相談ください。

貨物利用運送事業専門チーム
専任スタッフが全国の案件を対応しております。

旅客運送業許可TOP

  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談