旅客運送業許可

福祉輸送:法令試験

介護タクシー事業を行うためには、申請者本人(申請者が既存の法人である場合は、許可後に専従する役員、設立法人にあっては専従役員に予定する者)が各種法令(道路運送法など)の知識を持っておくことが必要となります。

それを確かめる基準として、法令試験があります。この法令試験は運輸局にて毎月1回実施されています。 この試験は毎月1回しかなく、万一落ちてしまうと次の月に再度受験し直しとなります。

この法令試験に合格して初めて申請書類の本格的な審査が始まります。

そのため、早く開業したいという方は1回の受験で合格する必要があります。

法令試験の出題範囲

※自動車六法などの持ち込みが可能

 

①道路運送法

②道路運送法施行令

③道路運送法施行規則

④旅客自動車運送事業運輸規則

⑤旅客自動車運送事業等報告規則

⑥自動車事故報告規則

⑦その他一般旅客自動車運送事業の遂行に必要な法令等

試験の出題数・設問方法

30問・〇×方式

試験時間

40分

試験の合格基準点

80%(24問)以上の正解

運送事業の申請のことならサポート行政書士法人へ

サポート行政書士法人では、新規で運送事業の登録・許可取得される方から、すでに運送事業を運営されている皆さまに対して、運送事業に関する申請サポートやコンサルティングを行っております。

運送事業は、許可を受けるだけの段階から、コンプライアンス体制の構築が求められる段階になっています。

弊社の担当者は、全国の都道府県で申請実績がございます。ぜひご相談ください。

サポート行政書士法人

旅客運送業許可TOP

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談
  • 秋葉原オフィス