旅客運送業許可

旅客自動車運送事業とは

旅客自動車運送事業とは、他人の需要に応じ、有償で、自動車を使用して旅客を運送する事業のことです。

旅客自動車運送事業には、一般旅客自動車運送事業と特定旅客自動車運送事業があります。

一般旅客自動車運送事業は、一般貸切旅客自動車運送事業、一般乗用旅客自動車運送事業、一般乗合旅客自動車運送事業の3種類に分けられます。

一般貸切旅客自動車運送事業

運送業者が募集した運送者団体を運送する貸切バスのように、一個の団体と契約し、車両を貸し切り運送する事業がこれにあたります。

一般貸切旅客運送事業を始める場合は各地方運輸局長の許可が必要で、取得までにはおよそ2~3ヶ月が必要となります。

一般乗用旅客自動車運送事業

乗車定員が10人以下の車両を使用して行う旅客運送業のことをいいます。

タクシーやハイヤーを使った事業がこれにあたります。

個人タクシー許可もこれの一部となります。

一般乗用旅客運送事業を始める場合は各地方運輸局長の許可が必要で、取得までにはおよそ2~3ヶ月が必要となります。

 

一般乗合旅客自動車運送事業

路線を定めて定期に運行する自動車で乗合旅客を運送する事業を指し、一般に乗合バス事業、路線バス事業と呼ばれています。

特定旅客自動車運送事業

特定の利用者の需要に応じて、一定の範囲の旅客を運送することのみを事業とする場合が、これにあたります。送迎バスや介護輸送などが挙げられます。

運送事業の申請のことならサポート行政書士法人へ

サポート行政書士法人では、新規で運送事業の登録・許可取得される方から、すでに運送事業を運営されている皆さまに対して、運送事業に関する申請サポートやコンサルティングを行っております。

運送事業は、許可を受けるだけの段階から、コンプライアンス体制の構築が求められる段階になっています。

弊社の担当者は、全国の都道府県で申請実績がございます。ぜひご相談ください。

貨物利用運送事業専門チーム
専任スタッフが全国の案件を対応しております。

旅客運送業許可TOP

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談
  • 秋葉原オフィス