旅館業・ホテル営業許可/民泊営業

旅館営業に関連する許認可

旅館業法上の宿泊施設を営業するためには、旅館業許可が必要となりますが、旅館業許可を得るためには建築・消防等の各法令に適合している必要があります。

温泉を提供する場合やお酒やたばこの自動販売機を設置する場合などそれぞれのサービスに応じて許認可を取得していく必要があります。

許認可の種類 管轄 申請先での手数料 許認可が必要となる例
飲食店業許可 保健所 19,200円 レストラン、宴会場、ルームサービスなど、料理やお酒を提供する場合
喫茶店営業許可 保健所 11,600円 飲み物(お酒を除く)の提供
(茶菓等、出来上がったものを仕入れての提供は可能。)
アイスクリーム類製造業許可 保健所 16,800円 他の飲食店やテイクアウトでの提供も可能
(1つの飲食店内だけの提供なら、その店の飲食店業許可のみで可)
菓子製造業許可 保健所 16,800円 他の飲食店やテイクアウトでの提供も可能
(2つの飲食店内だけの提供なら、その店の飲食店業許可のみで可)
惣菜製造業許可 保健所 25,200円 ホテルのオリジナルのおせち料理を販売
乳類販売業 保健所 11,600円 売店でパックの牛乳を販売
食肉製品製造業 保健所 25,200円 ハム、ソーセージ、ベーコン等を製造して販売
深夜における酒類提供飲食店営業開始届 警察署 不要 24時以降にお酒を提供する場合
一般酒類小売販売業免許 税務署 30,000円 売店等でお酒を販売
(飲食店内で、飲み物として提供する場合は不要)
遊泳プール開設届 保健所 不要  
公衆浴場営業許可 保健所 26,400円 大浴場、エステに付随する浴槽、サウナ等、宿泊者以外の人に利用させる場合
施術所開設許可 保健所 不要 あん摩、マッサージ
たばこ特定小売販売営業許可 財務局(JT経由) 15,000円 自販機を設置する場合
クリーニング所開設届 保健所 19,200円  
理容所開業届 保健所 19,200円  
美容院開業届 保健所 19,200円  
給食開始届 保健所 不要 (特定・多数の)従業員等に対して継続的に食事を提供
※上記許認可の有無、管轄、手数料は自治体によって異ります。

旅館業に関する申請のことならサポート行政書士法人へ

サポート行政書士法人では、新規で旅館業・ホテル業へ参入される方から、
既存の旅館業・ホテル業の皆さまに対して、旅館業営業許可に関する申請サポートや
専門性の高いコンサルティングを行っております。
旅館業営業許可は、各保健所が管轄しており、ローカルルールも保健所ごとに存在します。
弊社の担当者は、全国の都道府県で申請実績がございます。ぜひご相談ください。

旅館業営業許可申請専門チーム
専任スタッフが全国の案件を対応しております。

旅館業・ホテル営業許可/民泊営業TOP

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談
  • 秋葉原オフィス