屋外広告業登録

屋外広告業登録の更新を 控えている企業様へ

屋外広告業登録の有効期間は、「5年間」です。
 
有効期間満了後も、引き続き屋外広告業を営む場合は、
有効期間満了の30日前までに登録の更新申請を行う必要があります。
 
※更新の申請がないまま有効期間満了日を経過すると、登録は失効します。

屋外広告業登録の更新期日の到来を前に、
最近、以下のようなご相談をいただくことが増えてきています。

屋外広告業が届出制から登録制に移行し、各都道府県レベルで登録制度が導入されたのは、
平成17年以降がほとんどです。(詳しくは「法規制の背景」ご参照)
 

例)東京都  平成17年10月1日~ / 北海道  平成18年4月1日~
     神奈川県 平成23年10月1日~

 
 
 
 
  
平成17年前後から各都道府県/市区町村で屋外広告業の登録制度が始まっているところ、
屋外広告業登録の有効期間は5年間なので、
平成21年以降、屋外広告業登録制度が導入されてから初めての更新申請ラッシュが来ています。

屋外広告業の登録は、屋外広告業者の営業所基準ではなく、「屋外広告の工事を行う場所ごと」に
登録申請を行う必要があります。

そのため、多くの屋外広告業者は、複数の都道府県/市区町村で屋外広告業の登録をしていますが、
都道府県/市区町村の登録ごとに有効期限も異なれば、手続きや必要書類・申請書式も異なる為、
更新時期の到来を前に、悲鳴をあげている担当者の方も多いのが実態です。 
弊社では、<東京・名古屋・大阪>と全国に拠点を構え、
拠点ごとに専門スタッフを配員しております。
日本全国で手続きを行う必要のある屋外広告業者の登録管理に際しても、
各地域・管轄・担当者ごとに求められる対応や手続きの流れ等のノウハウを活かしながら、
スピーディな事前準備、役所との調整、申請サポートをさせていただいております。
 
※屋外広告業の新規・更新申請は、原則窓口持込みとなっていますが、
ご自身で日本全国をまわるよりもコストを抑えて、的確な手続きが可能となっています。
 
登録制度に移行してからの5年超の間に、各都道府県/区町村での手続き概要も変動しておりますので、
こうした変更点も踏まえながら、本当に必要な地域で必要な拠点のみ更新申請を行うよう、
登録管理負担を軽減する為のアドバイスも行っています。
 
屋外広告業登録の新規/更新をご検討中の方は、ぜひお気軽にご相談下さい。

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせはこちらから

  1. 相談希望オフィス
  2. #送信ボタンは、1回だけクリックしてください#
 

屋外広告業登録TOP

  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談