入札参加資格登録

サポート行政書士法人スタッフ

弊社では、東京、名古屋、大阪を拠点に、全国の入札参加資格の申請をサポートしています。

入札参加資格登録は省庁及び自治体ごとの申請が必要なり、意外と煩雑な手続きです。

 

私たちが望むのは、サポートさせていただいた企業様が入札参加資格登録するだけでなく、入札案件を落札し、業績をあげていただくことです。

 

入札案件を落札するためには、戦略的な取組みと案件情報の管理が重要な要素となります。

 

当社は、煩雑な入札参加資格登録の業務・指名願の作成など、書類作成や申請手続き代行のアウトソーシング先として、企業様に入札案件の受注に注力していただく環境整備をお手伝いしています。
社内に期日管理用の専用データベースも設けており、期日管理・進捗管理を効率的に行っているのも特徴です。

 

一般のアウトソーシング会社ではない、行政書士だからこそできる仕事があります。

貴社の入札管理業務のパートナーとして、ぜひサポート行政書士法人をご活用ください。
入札参加資格申請専門チーム
入札参加資格申請専門チームです。私たちにおまかせください!

当社サポート内容

多くの発注先・自治体へ入札参加資格登録されている企業様へ

全国主要都市にオフィスがあり、実績も多数!全国へのスピード対応が可能です。
期日管理用の専用データベースを駆使し、期日管理・進捗管理も万全の体制です。
他の許認可申請から入札参加資格までを一括して外注したい方へ

入札参加資格登録を申請するには、許認可の取得、許認可上の定期的な報告書の提出を前提とする業種が数多くあります。

例えば、建設業では、建設業許可の取得、決算変更届の提出、経営事項審査の申請後に、省庁・各自治体への入札が可能となります。

弊社は、入札参加資格申請だけでなく、このような許認可申請も主力業務の一つとしています。

許認可申請から入札参加資格までの一連の申請をご依頼いただくことが可能となっており、効率的な許認可の維持管理をサポートしております。

都度発生する変更業務を外注したい方へ

入札参加資格登録後、登録事項に変更が生じた場合は変更の申請を各登録先の自治体に提出する必要があります。
会社の代表者が変更となった場合や受任者として登録している支店長等に変更が生じた場合、支店・営業所などが移転する場合等に変更の申請が必要となってきます。

当社ではこのような変更が生じられた事業者様の変更の申請を代行させていただいております。

初めて入札に参加する方へ

全国の省庁・自治体・独立行政法人へ多数の登録をされている
企業様のサポートを得意としており、年間を通して約2,000件の申請実績があります。
多数の申請実績で培ったノウハウで、初めての方にもわかりやすく・確実に入札参加資格申請ができるようなサポートを実現します。
また、初回の申請から継続・更新まで、長期にわたったサポートプランもご用意しています。

社内でこのような問題点はありませんか?

☑ 社内各拠点からの最新情報の収集・整理
☑ 要件の確認
☑ 管轄や担当者によって若干判断の異なる行政との折衝
☑ 法改正や様式改訂も確認した上での申請書類の作成
☑ 証明書の取得
☑ スケジュール管理

 








社内での管理には問題点も多く、多くの時間と手間を費やしながら、不備不足も絶えず、
現場では、「冷や汗の連続」というのが実際の所のようです。  

入札参加資格の申請はそれぞれ適正な時期(期限内)に手続きをする必要があるため、
事前の期日管理や必要書類の確認・準備などの管理も含めて、大変な手間と時間と労力がかかってきます。
 
それら負担の大きい管理を、弊社に一括アウトソーシングいただければ、
御社内のご負担を最小限に抑えながら、安価かつ確実に手続を済ませることが可能です。
 
また、現在当社では、東京(新宿)、名古屋、大阪と全国3拠点を構え、
全国対応が可能となっております。
 
日本全国に複数拠点をお持ちの企業様や、日本全国で工事を行なっている企業様に関しても、
各地域・管轄・担当者ごとに求められる対応や手続きの流れ等のノウハウを活かしながら、
スピーディな事前準備、役所との調整、申請サポートをさせていただきます。

社内に期日管理用の専用データベースも設けており、
期日管理・進捗管理を効率的に行っているのも特徴です。 
 
入札参加資格申請は、全国分を一括してサポートするケースが多数です。
多くの企業の入札申請サポートをしているからこそ、様々な自治体ごとの違いにも精通しており、
そのノウハウを最大限活用するため、社内で入札専門のチームを作り、精度の高さ・スピードに
自信を持って業務を行っています。

 

入札参加資格に関してよくいただくご相談

・入札に参加したいが、参加方法がわからない

・入札参加資格審査申請を一括で外注したい
・入札の公募情報を知りたい
・社内担当者の退職で、今まで管理をどうやっていたかよく分からない
・指名願の作成まで手が回らない
・申請先の数が多くて、いつどこにどんな手続きをするか混乱…期日超過した経験も…
・拠点が多くて、社内担当者で対応しきれていない
 

依頼事例

全国に十数か所の営業所を抱える建設工事会社の場合。
従来は、入札に必要な書類を行政から収集するところから申請書の作成までを本社の総務部にて行い、各営業所に納品、申請する流れでしたが、自治体それぞれに異なる申請書を作成するには、通常業務に着手できないほど時間を取られていました。
弊社では必要データをお客様からいただくだけで、経験豊富な作成スタッフが各自治体ごとに異なる申請書を作成し、完成した状態の申請書をお客様に納品しております。
データは紙媒体、データの両方で納品しており、常に最新の情報を共有できるとともに、申請前の最終的なチェックもお客様自身で行っていただくことが可能です。 また、定期申請だけでなく、随時申請にも対応し、一度きりでなく長年に渡ってお客様の入札状況を一括管理できるのも弊社の強みです。 2014年以降継続してご利用頂き、今では全国に300近い自治体の書類作成代行を行っています。

入札参加資格申請を当社にご依頼頂いた方の声


一括して代行してもらえたので、
こちらの手間が最小限で済んだのがありがたかったです。
こちらからの確認も素早く返答してくれたので、
お任せしきりでしたね。

急ぎの依頼だったんですけど、
親身になって相談に乗ってもらえて安心しました。
一つ一つの小さな疑問にも丁寧に答えてもらえ、
本当に頼んでよかったと思います。

いつもお世話になりありがとうございます。

平常の処理ではないので
忘れがちな届出などの処理も連絡していただき、
状況も連絡していただきわかりやすく処理も早く感謝しております。

今後ともよろしくお願いいたします。
(株式会社マイウォール様)

入札参加資格申請の流れ

入札参加資格申請担当
お問い合わせ

入札参加資格申請担当 入札参加資格に関する相談・見積りは何度でも無料です。

まずはお電話か問い合わせフォームからご連絡ください。
お問い合わせはこちら
入札参加資格申請担当
ご相談、申込み
入札参加資格申請担当
御社の状況を詳しくヒアリングし、
サービス内容をご説明いたします。
入札参加資格申請担当
書類作成

入札参加資格申請担当 入札参加資格申請申請の必要書類は当社で収集・作成いたします。

入札参加資格は自治体ごとに
必要書類や書式、提出期限が異なりますが、
独自のDBを活用することにより効率的に作成が可能です。

入札参加資格に関する期日管理もお任せください。
入札参加資格申請担当
申請代行

入札参加資格申請担当 お客様に代わって入札参加資格申請に必要な書類を揃えて、
自治体などへ提出いたします。
※電子申請の場合は、電子証明書を事前に準備する必要があります。
入札参加資格申請担当
審査

書類受付後3~5日程度の期間がかかるようです。
(提出先期間によって異なります)
書類の不足・修正などで補正指示が入りましたら、当社にて対応いたします。
入札参加資格申請担当
入札参加資格者名簿に登録

登録が認められなかった場合は、拒否理由に従って再申請を行います。

行政書士法人内の様子

広々としたオフィス内で業務を行っています。(写真は新宿オフィス執務室)

書類は、ダブルチェックを行いながら迅速・丁寧に作成します。

適宜打ち合わせを行い、業務改善を続けています。

よくあるご質問

入札参加資格申請の受付期間はいつですか?

建設工事の入札参加資格申請の受付期間については、

定期受付、追加受付、随時受付と3種類の受付期間があります。
入札参加資格の更新を希望する業者は、2年に1回、定期受付期間に更新申請をする必要があります。
詳しくは こちら 
入札参加資格のメリットは何ですか?

入札に参加することで、以下のようなメリットがあります。

①:販売戦略上の市場の拡大
②:販売コスト(プロモーション・リベート・キックバック)がかからない
③:支払い遅延がない
④:値下げや無償サービスの要求がない 

私たちにお任せください! ~入札担当スタッフからのメッセージ動画~

入札参加資格申請担当:芳村
入札参加資格申請担当:山田
入札参加資格申請担当:木下
入札参加資格申請 全国一括行政手続きサポートはお任せください

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせください(相談無料、見積り無料)

  1. 相談希望オフィス
  2. #送信ボタンは、1回だけクリックしてください#
 

入札参加資格登録TOP

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談
  • 秋葉原オフィス