古物商許可

古物営業とは

古物営業法では、古物商・古物市場主・古物競りあつせん業者の3つの業態が規定されています。

古物商とは

古物(中古品)を売買、交換又は他人の委託を受けて、売買、交換を行う営業を指します。

 

主にリサイクルショップ・古本屋などは古物商に該当するのはイメージできますが、メーカーや商社でも業務内容で該当するケースがあり、古物商の許可を取得しているケースが見受けられます。

 

また家電量販店なども取得しているケースが増えています。

 古物市場主とは

古物商間の古物の売買、交換のための市場を経営する営業を指します。

 古物競りあっせん業者とは

 インタネットオークションサイトを経営する営業を指します。

 

 

自身の持ち物をフリーマーケットやオークション等で販売することに、許可は不要です。

しかし古物を仕入れ販売して利益を得るためには、古物商許可を取得しなければなりません。

 古物商の申請が必要なケース

 簡単にいうと「業」として行う場合に古物商の申請が必要となります。

つまり、それによって利益を発生したり、ある程度の継続性があるということです。

  「業」として行う例:

・古物を購入して販売する。

・古物を購入して修理して販売する。

・古物を購入して使える部品など販売する。

・古物を購入して報酬を得てレンタルする。

・国内の古物を購入して、海外に輸出して販売する。

古物商許可に関する許認可のご相談はサポート行政書士法人へ

サポート行政書士法人では、新規で古物営業へ参入される方から、既存の古物商許可業者の皆さまに対して、古物営業法に関する申請サポートやコンサルティングを行っております。

日々企業の皆様の代理人として行政庁への申請や折衝を行っている行政書士だからこそ蓄積できるノウハウ・実績を元に、古物営業に関する法務サービスをご提供いたします。

弊社の担当者は、全国の都道府県で申請実績がございます。ぜひご相談ください。

古物営業申請専門チーム
専任スタッフが全国の案件を対応しております。

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせはこちらから

  1. 相談希望オフィス
  2. #送信ボタンは、1回だけクリックしてください#
 

古物商許可TOP

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談
  • 秋葉原オフィス