金融内部監査

金融内部監査

金融商品取引業を行っているが、実際制定している書面や帳簿類等に不足がないか、
社内の組織体制や管理態勢に何か問題がないのか、ずっと気になっている。
登録申請時以来、社内の申請書類や帳簿類等を改めて見直したことがない。 
業務方法書の中に「内部監査は、少なくとも年に1回以上行うものとする」と
書かれているが、実際内部監査を行ったことがない。 
内部監査を行おうと思うが、何からどう手をつけていいのか分からない。
社内で行っている内部監査だけでは心配。
第三者の目線で社内の体制等にアドバイスをして欲しい。
最近、このようなご相談を多くいただきます。

業務方法書の中に、「内部監査は、少なくとも年に1回以上行うものとする。」と
記載されているにも関わらず、1度も内部監査を行ったことがないというケースは非常に多く、
臨店検査の際の指摘事項の1つとなっています。
 
金融商品取引業者には、法令遵守に向けた様々な規制(書面の交付、帳簿の制定等)が課せられており、
日頃の徹底した業務管理の積み重ねが重要となってきます。

それは、一両日で整備できるものではなく、定期的に内部監査を実施し、社内の問題点や改善点を洗い出し、
「毎月1つずつ整備項目を解消していく」等、少しずつ、計画的に、金融商品取引業務の管理徹底に向けた
PDCAサイクルを繰り返していくことが重要
です。
 
当社では、お会社の規模・業務内容・体制等にふさわしい内部監査計画を、
事前にご相談させていただいた上で、内部監査実施サポートを行っております。

 

内部監査の流れ

メール相談受付

下記の項目を、 kansa★sptsystem.com (★を@に変更してください) までメールにてご連絡ください。
 
① お名前(法人の場合は、法人名とご担当者名を併記してください)
② 電話番号
③ 登録済の金融商品取引業の種類
④ 内部監査実施希望日時
⑤ 内部監査実施予定場所
⑥ 希望する監査種別(例:全般監査、テーマ監査、部門監査 等)
⑦ 監査を希望する内容・項目
 (例:金融商品取引業全般、システム監査、営業監査、監査部監査 等)
⑧ その他のご要望 (※ご自由にご記載下さい。)

 

対応可否検討、見積書発行

いただきました情報をもとに、当社で対応可否を検討の上、
ご連絡させていただきます。
当社での対応が可能な場合、別途見積書を発行させていただきます。

 

お申込み

見積書に納得いただけましたら、正式に契約を交わします。

 

事前打ち合わせ・予備調査

事前に、お会社の業務概要等が把握できる情報・資料を確認させていただいた上で、
監査責任者の方と打ち合わせをさせていただき、
監査の重点項目や疑問・懸念点等のピックアップをします。
その上で、御社の年度監査計画等もふまえ、今回の内部監査実施計画を策定します。

実地監査

事前に当社から発行する内部監査実施通知書に従って、
指定された日時及び場所にお伺いし、実地監査を実施します。
(監査人:通常1~3名程度/3時間程度)
実地監査終了後、必要に応じてその場で簡単にフィードバックし、
関係者を集めて講評会を行います。

監査報告書納品

実地監査の結果等をふまえ、指摘事項、改善提案等を含んだ監査報告書を
納品させていただきます。
(納品時期の目安は監査実施後1週間程度です)
 
また、監査報告書の指摘事項及び改善提案等に合わせて、
制定しなければならない書面の策定や、見直しが必要な書面や体制等について、
フォローアップのご提案と併せ、
次のPDCAサイクルをまわす為の提案をさせていただきます。

 

フォローアップのご提案

ご希望に応じて、内部監査報告書にて記載した内部監査の結果について、
御社の取締役会や役員会等で講評をさせていただきます。 

サポート行政書士法人 東京 大阪 名古屋 横浜

金融内部監査TOP

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談
  • 秋葉原オフィス