飲食店営業許可

バーや居酒屋を開業したい方へ

■独立して、バーを開業したい!

 

■バーを開くには、飲食店営業許可以外にも許可が必要なんですか?

 

■ずっと自分の居酒屋を開くのが夢だったんです!

 

こんな相談や、お話をよくうかがいます。

居酒屋やバーの営業にあたっては飲食店営業許可の他、一般的には

<深夜における酒類提供飲食店営業の届出>が必要です!

 

深夜における酒類提供飲食店営業の届出とは

あくまで、許可ではなく届出になります。

■届出が必要な飲食店

午前0時以降にお酒を提供するお店

※営業の常態として、通常主食と認められる食事を提供して営むものについては、届出の必要はありません。

 

一般的なバーや居酒屋では、午前0時以降も営業される場合が多いと思いますので、

基本的には必要な届け出になります!

よくあるご質問

届出先はどこですか?
お店の所在地を管轄する警察署です。
いつから深夜営業を始められますか?

届出完了して、約10日後からの営業が可能です。

(東京の場合、届出が完了し登録されるまでに約10日程度かかるため。)

登録完了したら、もう警察署に行く必要はありませんか?
登録完了後には、届出済みのステッカーを受け取りに警察署まで行きます。
飲食店営業許可の申請と深夜における酒類提供飲食店営業の届出は同時に出来ますか?

基本的には、飲食店営業許可取得後でないと、酒類提供飲食店営業の届出は行えません。

酒類提供飲食店営業の届出の際には、飲食店営業許可証の写しを添付する必要があるためです。

ただし、開店まで急いでいる場合、管轄警察署によっては飲食店営業許可証の写しは後日

提出でも構わないというところもあります。

 

酒類提供飲食店営業の届出には費用はかかりますか?

かかりません。

ただし、弊社にご依頼いただく場合には弊社報酬が発生致します。

担当者からのコメント

こんにちは。

お客さんの飲食店営業許可取得~深夜における酒類提供飲食店営業の届出まで、トータルでサポートさせていただいています。

お客さんによっては、会社設立も含めてイチからサポートさせていただいたりもしています。

 

今まで、お店の内装やメニュー、コンセプト作り等に苦戦しながらも、

開業に向けて楽しそうにしているお客さんのお手伝いをしてきました。

以前担当した案件では、オープンに向けて改装中の店舗内で、お客さんが内装業者さんに「ここはもっと~したい!」など提案している姿を見て、お客さんのお店への思いを強く感じることが出来ました。

※実際の内装も、とても素敵に仕上がっていました!

  

お客さんにとっては許可や届出が完了してこそ、スタートです!

 

自分のお店を持つのが夢だった、開業のためにずっとお金を貯めてきた…

 

弊社では、そんなお客さんが開業準備に専念できるようにスピードのあるサポートをしています。

 

まずは、お気軽にご相談ください。

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせはこちらから

  1. ※必須 Required
  2. ※必須 Required
  3. ※必須 Required
  4. ※必須 Required
  5. 連絡希望時間等、連絡事項があればごちらへ
    Reservation time / anything else to inform us
  6. 上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックしてください。
  7. 【注意】送信ボタンは複数回押さないようにご注意ください
 

飲食店営業許可TOP

最新トピックスはこちら
一覧はこちら
  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談