ドローン飛行許可

チェックリスト

【様式1関連】

飛行の経路について、地図を添付しているか。

飛行の経路が特定されない場合には、飛行が想定される範囲のうち、飛行が想定される都道府県名や飛行場所の条件を記載しているか。

無人航空機の製造者名、名称、重量を記載しているか。

操縦装置の製造者名及び名称を記載しているか。

無人航空機および操縦装置の仕様が分かる設計図又は多方面の写真を添付しているか。

【様式2及び無人航空機の機能・性能関連】

無人航空機の機能・性能について、審査要領の様式2(無人航空機の機能・性能に関する基準適合確認書)を作成し、添付しているか。

無人航空機の運用限界および無人航空機を飛行させる方法(点検・整備を含む。)が記載された取扱説明書等の該当部分の写し(自作機であって趣味目的のものを除く。)を添付しているか。

(最大離陸重量25kg未満の場合)無人航空機の機能・性能について、審査要領に掲げる基準への適合性を示す資料(無人航空機の追加基準への適合性)を作成し、添付しているか。

(最大離陸重量25kg以上の場合)無人航空機の機能・性能について、審査要領に掲げる基準への適合性を示す資料を作成し、添付しているか。

【様式3及び無人航空機を飛行させる者の技量関連】

無人航空機を飛行させる者について、審査要領の様式3(無人航空機を飛行させる者に関する飛行経歴・知識・能力)を作成し、添付しているか。

無人航空機を飛行させる者について、審査要領に掲げる基準への適合性を示す資料(無人航空機を飛行させる者の追加基準への適合性)を作成し、添付しているか。

【飛行マニュアル関連】

(航空局標準飛行マニュアル01又は02を使用する旨を申請書様式1の「安全を確保するために必要な体制にかかる事項」の欄に記載している場合は、本項目の□にチェックは不要です。)

安全を確保するために必要な体制について、審査要領に基づき、飛行マニュアルを作成し、添付しているか。

飛行マニュアルには、無人航空機を飛行させる者が遵守しなければならない事項として審査要領の事項、及び無人航空機を飛行させる際の安全管理体制として審査要領に掲げる安全を確保するために必要な体制にかかる事項が規定されているか。

ドローン飛行許可の申請のことならサポート行政書士法人へ

サポート行政書士法人では、ドローン飛行を行う企業様の飛行許可申請の代行実績もございます。

大量に許可申請が必要なとき、急な申請の書類準備が間に合わない場合などに、ぜひご相談ください。

 

 
倉庫業専門チーム
専任スタッフが全国の案件を対応しております。

ドローン飛行許可TOP

  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談