個を強くするには

代表から、自分を一番発揮できた時は?という質問。

私の場合、
4歳から14歳の、競泳の強化選手だった頃です。

週7回、学校から帰って、宿題をして、軽食を食べて、スイミングへ。
毎日その繰り返し。
学校では流行の音楽やアニメの話についていけないし、
泳ぐことは特別楽しいわけではありませんでした。

それでも10年続けられたのは、家族の協力はもちろん、
一緒に泳いでいた仲間がいたからです。

競泳は、個人競技です。

スタメンやレギュラー争いもなく、同じ種目の選手は全員がライバルです。

私達には、それぞれの種目で、
Jr.オリンピックに行くという一つの共通目標がありました。

一人一人全員が強化選手でライバルだけど、
共通目標のため、日々励まし合って支えて合って練習していました。

たぶん、それが、個々を強くしました。

目標達成した仲間がいる中で、私は0.1秒以下の世界で挫折しましたので、
この過去は、自分を発揮したけれどしきれなかった私にとって、
いい話ではありません。

しかし、代表は、とてもいい話だと言いました。
結果も大事かもしれないけど、結果だけに着目せず、
その過程で経験したことが、私の宝物だと。

話は前後しますが、
代表には、その前に、10年後どうなっていたい?
と聞かれていて、うまく自分の考えが伝えられなかったのですが、

一人ではリーダーになれないので、みんなに支えてもらって、私も支える。
そんなリーダーになりたいと、そんなことを答えました。

そして、後に競泳選手時代の話をしながら、
なんとなく、自分の考えの基礎がそこにあるような気がしました。

やっぱり、一人きりで走ることはできないなぁと、改めて感じました。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 田島瞳   パーマリンク

コメントは受け付けていません。