期待すること。

 

 

 

 

 

「期待」という言葉を辞書で引くと、
あることが実現するだろうと望みをかけて待ち受けること。

当てにして心待ちにすること。と言った内容が書かれています。

私は主任という一つ上の立場になって、
新人メンバーの指導に関わる機会がとても多くなりました。

日々指導をしながら手探りに業務を後輩に任せてはいますが、
業務内容によっては、まだこの人には早いだろうから、
自分でやってしまおうとしたりして、なかなか思うように業務を任せられずにいました。

そんなある時、代表から声をかけられました。

「新人メンバーに業務を任せられなかったり、その人のレベルに
合わそうとしてしまうのは、見取さん自身がその人のことを期待していないから。」

この言葉を聞いた時、確かにそうだと思いました。

もっとやればできると思っているからこそ、自分にしかできない仕事でも、
この人ならやってくれるだろう、私の期待に応えてくれるだろうと思い、
何でも任せられるのだと思います。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 見取秀祐   パーマリンク

コメントは受け付けていません。