エゴイストの私ですが

こんにちは、名古屋のミンです!

入社1年目ですが、来年入社予定の学生さんがインターンで
出社し始めているので、最近は後輩でありながらも、先輩にもなりつつあります。
そんな私ですが、後輩に対しても先輩に対しても悩みがありました。

 

>>後輩に対しては

どのように育成していけば成長できるのか?
自分自身の場合だと、目標を高く設定し、一生懸命やり切る、
できなかったとしてもそれは自己責任だと負けないように頑張ろうと厳しくやれます。

しかし、後輩の場合、その人のレベル・価値観・育った環境・性格が違うので、
目標を厳しく設定してしまって、ついていけなくなり、
やる気をなくしたらどうしようという心配があります。

目標を高く設定し成長させていきたいが、
仕事も楽しんでもらいたいという思いもあり、
試行錯誤をしていました。

 

>>先輩に対しては、こんな悩みがありました。

目の前に積み上げられた実務、納期に追われ、
今を凌ぐのが精一杯で大変そうな先輩を見て、
このままの働き方じゃ、格好良くないと。

このままいくと仕事も上手くいかないし、
長期的に自分の成長のために新しい分野を吸収する時間も作れず、
お客様に提供できるものも本来なら質のいいものを提供できるはずなのに、
締め切りに間に合わせるのが精一杯になってしまうのは良くないなと思っていました。

元々伝え方も下手な私は相手を傷つけてしまうのが心配で
全く自分の考えを伝えられませんでした。

好きな先輩だったので成長してほしい、できる人になってほしい、
余裕のある働き方をしながら格好いいなとみんなに思われる
先輩になってほしいという思いはありましたがうまく伝えられないので
胸が苦しかった時期がありました。

 

しかし、ようやく、今日気づきました!!!
私が、後輩のため、先輩のため、このオフィス・この会社を
より良くなるために改善していきたいという
自分の気持ちが正しいとずっと思っていましたが、
実はすべてが私のエゴに過ぎないということに気づき、少し気が楽になりました。

相手を動かそうとしても、変えようとしても自分ではないので無理です。
もちろん、性格が違うのでその人にはその人の価値観で
気持ちいいと思っている働き方があります。
私が変えようとしていても相手が望んでないので、
自分の思いを単に押し付けているだけで(攻めている思われ)、
信頼関係ができなくなり、人間関係も悪化してきました。

 

経験はないですが、子育ても同じだと思いますね。
例えば、親から「サッカー選手というのは俺の夢で、俺ができなかったので
お前が叶えてやってくれ、サッカー選手になりなさいと」言われても
子供が望んでなければそれは親のエゴにすぎませんよね。

なぜサッカー選手がいいのか?
子供が心の底からサッカー選手になりたい、
サッカー選手ってこんなに楽しいんだ、格好いいんだ、
僕もサッカー選手になりたいと思えるきっかけを
作ってあげなければなりませんね。

なぜ、サッカー選手はいいのかを子供が納得しない限り、
楽しいサッカー選手にはなれないと思います。
サッカー選手ですが、人生で一番活躍できることと言えば、
ベンチ暮らしと言われてもそれは実際に親が望んでいたサッカー選手
かといったら絶対違うと思います。

子供が望んでないことを無理やりやらせてしまい、
不幸な人生を送らせてしまうよりは、子供が楽しいと思う人生を
歩ませてあげたほうが良かったと後々後悔するかもしれません。
親側から見て「愛・思いやり」と思っていたものが
実は親のエゴになっている時もありますからね。

 

仕事でも同じだと思います。
相手に働き方を変えてくださいといくら言っても
本人の意思がなければ何も変わりません。
しかし、相手を変えられないとしても、相手が変わりたいという
意思・気持ちになるためのきっかけ作りは頑張ればできるのです。

それは私、自分自身を変えることです。
余裕のある働き方を心掛け、わくわくドキドキしながら
仕事を楽しんでいる自分の姿を見せることは
今私がやるべきこと・できることだと思います。
もしかしたら、その働き方を見て相手も試してみたいという
思い(きっかけ)を作れるかもしれません。

まずは、自分を変えます!
心に余裕がある楽しい働き方を目指して
2018年もより一層頑張っていきたいと思います!
今年もよろしくお願いします^^

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: ティダーミン   パーマリンク

コメントは受け付けていません。