「できたことを振り返ろう」

 

 

 

 

 

こんにちは、増野です。

人間は、本当に反省好きな生き物です。

ちょっと油断すると、あれこれ自分の落ち度を見つけ、
悩み、反省し、落ち込みます。

仕事でも「また同じミスをした」「○○ができていない」
「うまくいかない」と反省する人をよく見かけます。

一方で、上手くいった時やできたことについては、どうでしょう。

皆、その結果自体には一喜一憂しますが、
その原因(勝因)には、ひどく無関心な気がします。

実際、仕事のフィードバックで、本人に上手くいった原因を聞いても、
「たまたま…」「考えたことがなかった」回答がとても多いです。

ダメだった所や改善点を問うと、すごい勢いで箇条書きが始まるのに(笑)

 

仕事で大事なのは、自分にとっての「当たり前」をどれだけ増やせるかだと思います。

初めてできたことが、
10回に1回できることになり、
5回に1回できることになり・・・

少しずつ打率があがって、いつか自分にとっての「当たり前」になっていきます。

その打率を早くあげる為に欠かせないのが、
「うまくいった原因(要素)を知ること」だと思います。

成功を振り返り、何があったから上手くいったのか、
又は、何がなかったから上手くいったのかをきちんと把握し、
再現性を高めていくんです。

失敗にも原因があるように、成功にも必ず原因・理由があります。

「上手くいったのは・・・たまたま?」

たまたま何があったから上手くいったんですか?
今回は、(できなかった)前回と何が違ったんですか?

成功を振り返らない人は、いつまで経っても「たまたまの人」です。
なかなか本当の実力がついて来ないです。

再現性を高めていける人といけない人とでは、
最初の内は、違いが全然分かりません。

端から見ると「できなかったことができた(良かった!成長した!)」としか
映らないからです。

でも、違いは徐々に明らかになっていきます。

成功を振り返らない人は、時間の経過とともに、成果にムラが目立ってきます。

― 前回できたことができない…
― できる時とできない時がある…

そして、年次が上がるごとに、周りからの期待値も上がっていきますが、
それを何度も裏切ることになっていきます。

本人の努力や必死さとは関係なくです。

ということで、早いうちから、成功を振り返る癖を身に着け、
再現性を高める術を確立していくことを、

私自身改めて意識するとともに、
特に若いメンバーに伝えていきたいなと思っています。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 増野佐智子   パーマリンク

コメントは受け付けていません。