伝える力

先日、社内の新人研修へ先輩社員として参加させていただきました。

鈴木さん主導の元、トランプゲームの一種、ナポレオンゲームを通して地頭を鍛えるトレーニングを行いました。 まるで大勢で将棋を行なっているかのように、相手の次の手、次の次の手を考えながら慎重にゲームを行いました。あんなに頭を使ったゲームは初めてです。 普段、如何に考えずに生活をしていたのかがとても実感できました。

さて、先輩社員として参加している上で、私からも新人へ伝えたいメッセージというものを考え、伝えさせていただく時間もありました。

入社から数年、やはり思考力のトレーニングはどんな時でもとても重要なものだと実感をしてきました。ナポレオンゲームで参加者が体感した考え抜く行為を、仕事に関連付けてお話させていただきました。

私は考える力は、「伝える力」に直結していると考えています。

「伝える力」とは、周りの人に今おかれている状況や相談を端的に伝える力です。

考えていないと、話もあやふやになり、聞き手もどこに話の論点があるのかがわからなくなってしまいます。 もちろん、話し手も、話しているうちに自分もどんな話をしていたかわからなくなり、自分の話をまとめる役割を聞き手み委ねてしまいます。

私も度々これで失敗をしてきました。

重要なことは、まず話す前に一旦冷静になり、現状を分析し、相手に何を聞きたいのかをまとめることです。
この分析する力、そこから聞きたいことをまとめる力は、論理的な思考力がないと、実践ができません。

新人へも考えて話す力を身につけてほしいというメッセージを送らせていただきました。

今回の研修は、前回とは違い、自分の今までの経験をアウトプットする機会も多くありました。 やはり日頃から考えて行動している人はゲームも強かったです。
私自身も、色々と反省するところがとても多かったので、これからの仕事にも活かしていきたいと思います。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 橘川浩佳   パーマリンク

コメントは受け付けていません。