少し先の自分へ

 

 

 

何十年後かの自分を想像して夢を描くことは、今の自分を励ます原動力となりえます。

 

私は、遠い未来よりできるだけ近い将来をイメージすることで、

「少し先の、より良い私」

を、自分だけでなく、家族や周りに対しても意識するよう促しています。

 

長女は、クラスの室長で、各学年毎に集う室長会の会長も、
先生からの任命で併任しています。

先日、学校新聞に掲載する室長会の意見を、担当に届けるはずが、
その紙を教室に忘れて下校し、気がついたのは夜でした。

 

長女 「絶対、先生に怒られる。だから会長なんかやりたくなかった。」

私  「学校新聞くらい大丈夫じゃない?」

長女 「ダメだって。今日中って言われたし。とりあえず明日の朝一番に、先生のところに行く。」

 

翌朝、30分早く登校した彼女は、先生から怒られることはなかったものの、
注意をされたそうです。

 

「学校新聞くらい」と言う私の言葉を鵜呑みにしなかった長女にも、

「そんなの全然大丈夫よ」とは言わず、
きちんと責任を持たせる返しをしてくださった先生にも感謝です。

 

おかげで、

「その責任感は大切なことだったね。
自分がやりたかったことじゃなくても、やらきゃってことは、たくさんあるよ。
仕事に就いたときは、きっと自然に身についてるね。」

という、一時的に難を逃れたことに重きは置かず、
長い目で責任感を大切にしてほしいという、彼女の行動を肯定することができました。

 

また別の日。

大好きな国語の先生が産休に入り、新しい国語の先生が来ました。

新しい先生は、宿題とは別で予め学習する箇所の、
熟語調べをしておくことを課題にします。

意味だけでなく、類義語や対義語も。

任意なのですが、授業についていけないと困るという子どもたちにとって、
その課題は必須になりました。

長女は、課題が多くなったことを嘆きます。

 

私  「塾の先生も言ってたけど、高校は完全予習型の授業って聞くから、今から慣れておいたら楽だね。」

長女 「…はぁ。」

 

今が大変な長女から「そっか!ママありがとう!」
なんて返事はありません。

ただ、その国語の課題は、愚痴を言わずに続けています。

 

特別に秀でた子ではありません。どこにでもいる中学生です。

彼女は、失敗するし、不満もあります。

類にもれず私も同じです。

 

でも、日常の失敗や不満を、小さな事件として、

「まぁいっか。」

とやり過ごすと、あっという間に何十年か経って、
それが自分のスタンダードになります。

 

日常に気を配り、小さな事件をやり過ごすことなく、そこから、

「少し先の、より良い私」

を意識できれば、自分のスタンダードが上がる気がしませんか。

 

何十年後の夢は、良いイメージの積み重ねによって、
遠い未来から近い将来になり、目前の目標になり、手が届くのかもしれません。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 田島瞳   パーマリンク

コメントは受け付けていません。