セグメントBで考える

月初に対策ミーティングをしています。

各自が前月の状況や対策についてまとめ、

それに対して、同席メンバーがアドバイスをしていきます。

 

ミーティングで状況説明をするときに、

ビジネス上では、意味のない話になることがあります。

 

「予算達成できなかった理由は何ですか?」

「問い合わせが少なかったからです」

 

これは、意味のない会話です。

 

予算達成できなかったことは、複合的な理由があり、

「問い合わせが少なかった」

「問い合わせを増やす手を打たなかった」

「顧客の事情で申請が来月以降にずれ込んだ」

「顧客とのスケジュール共有をしていなかった」

など、多くの要素が絡み合っていることが一般的です。

 

そのなかで、理由を説明するときには、

自分の努力でできたことに着目することが大切です。

 

自分の努力でできたことは、内部要因

自分の努力ではできなかったことは、外部要因です。

 

上記例で説明すると、

「問い合わせが少なかった」 →外部要因

「問い合わせを増やす手を打たなかった」 →内部要因

「顧客の事情で申請が来月以降にずれ込んだ」 →外部要因

「顧客とのスケジュール共有をしていなかった」 →内部要因

となります。

 

私たちの会社では、いろいろな状況で、

ABCのセグメント分けをします。

 

A:誰がやってもできるもの (外部要因)

B:やりかたによってはできたもの (内部要因

C:誰がやってもできないもの (外部要因)

 

課題を解決するときに、セグメントCの誰がやってもできなかったことを説明することは、

時間の無駄になってしまいます。

もう一度、内部要因を聞き出す必要があるからです。

 

常にセグメントBで考えることで、

ビジネスは、改善に向けて動き出すと考えています。

 

 

 

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 鈴木徹司   パーマリンク

コメントは受け付けていません。