「友達」と「仲間」

こんにちは
サポート行政書士法人 橘川です。

最近、「友達」と「仲間」の違いを考える機会が多くなりました。

大辞林によると、

友達とは、一緒に勉強したり仕事をしたり遊んだりして,親しく交わる人。

仲間とは、ある物事を一緒になってする者。

と定義されています。

よく会社の同僚のことを、
「仲間」と表現する人もいますが、
私は今一緒に働いている人たちに対しては「ある物事を一緒になってする者。」以上の感情を抱いています。

ただ、ここで定義される「友達」でもない。

ある日、テレビを観ていたらこんなことを言っている人がいました。

「仲間とは情熱を分かち合える人」

この言葉にすごく共感をしました。
私がこの会社で働く中で、抱く仲間意識はまさに情熱を分かち合えるところにありました。

私がSGで感じる環境は、みんな情熱を持っていること。その方向性は人それぞれ違えども、情熱から生じる喜怒哀楽を共有できることだと思っています。

仲間だと思っているから話せることが色々あり、私自身とてもやりやすい環境で働かせていただいております。

私はこういった仲間ができたことを感謝し、またこうした仲間たちと仕事ができることをとても感謝しています。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 橘川浩佳   パーマリンク

コメントは受け付けていません。