カテゴリー別アーカイブ: 土子翠

入社3年目

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

新宿オフィスの土子です。

 

今月で入社3年目をむかえますが、

入社当時に比べると色んな事ができるようになったな~と感慨深いです。

 

と同時に、担当する業務も増えてきて、

実務が自分のところで溜まってしまう・上手くまわせない!!という事が発生してきました。

 

私の業務は、期日が明確に決まっている物が多いので、

その状態をずっと続けているとかなり各方面に影響してしまいます、、、。

そこで、今月は「一撃の徹底」に注力をしてみました。

 

【全案件の進捗確認】

全持案件の進捗をハッキリ把握して、今日はここまでかならず終わらせるって計画し、それを

毎日積み重ねたら、案件を進める事がスムーズになり、心の余裕も生まれました^^いい事し

かありませんね

ついつい、時間がかかりそう・複雑そうな業務は後で時間を確保してやろうとしてしまいます

が、それだといつまでたっても進まないし、精神的にも悪いです、、、

 

 

増野さんが以前「不安はなくならない」と言っていたように、

とにかくやり始める事が一番の不安解消です!!

 

引き続き、一撃を徹底し、

心身ともに元気に働きたいと思います。

 

3年目も宜しくお願いします!!

距離感

 

 

 

 

 

 

今月はチームに分かれてランチに行くというイベントがありました。

それぞれのチームが思い思いのランチを予約し、

出かけたのですが私たちは糖質制限ダイエットをしている三瓶さんも楽しめる、

サラダバイキング(+ステーキ)にしました。

 

そこで距離のとり方という議題があがったのですが、

・・・人それぞれ過ぎます。笑

 

私は、一回会ったら「皆友達!」タイプなので、

あまり距離のとり方を意識したことが無かったのですが、

改めて考えてみると難しいですね><

 

ひとつ有効だなと思っている方法を共有しますが、

「自分からオープンになる」はかなり手っ取り早いと感じています。笑

 

初めてあった人に名前を聞くときに、

自分から名乗ると思いますが、

それと同じように、自分からオープンになるという方法です。

 

理由は、単純に自分が、

隠し事が多い・何考えているか分からない人とのコミュニケーションはあまり気がすすまないからです。

 

こちらがオープンにする事で、

相手は変な詮索をせず、気を遣わせない円滑なコミュニケーションを取ることが出来ます^^

 

距離のとり方を相手に選ばせることが気にならない人は、

ぜひ試してみて下さい。

 

 

会話に参加する

本日は役所へ申請の事前相談に行きました。

知らない用語が飛び交い、
最初からコケそうになってしまいましたが、
必至に頭をフル回転させ、「そりゃそうだ」っていう簡単な事でも良いから発言して、
なんとか最後まで参加しました。
今までだったら、
自分が事前に話そうと決めていた内容以外の話になると、
途端に先輩や上司に丸投げ状態(黙る。余計な口出しをしない。)になってしまっていたのが、
いつの間にか会話を続行できるようになったようです。
どんな形でも会話に参加し続ける!という気持ちを持って臨むと、
初めは何言っているのか分からない内容でも、
担当官や相手の意図をキャッチできるチャンスが増えるので、
とても効果的な方法だと感じています。
ちなみに、
私のパソコンモニターには「何でも聞く」とテプラで作成したものが貼ってあります。
これは、何でもかんでも人に聞くという意味ではなく、
自分が(こうかな?)とか(これってこういう意味?)って思った事は、
必ず相手に確認せよ、という意味で貼っています。
(いつも、思ったことを飲み込んで終わりがちなので。)
こういう工夫も、
【内容がよく分からなくても、会話に参加する】
に効果を発揮しだしているようです。
是非、お試し下さい。
次回のブログでは、
なぜ「何でも聞く」のテプラを貼っているのかについて書きます^^

 

 

苦手意識

こんにちは。

ついこの間お正月休みだったのに、
もうあっという間に1月後半に差し掛かりました。

そんな「あっという間!」という事に危機感を覚え、
こまめに振り返りをするようにしています。

最近でいうと、
苦手/やっていないだけの大きな違いを痛感する出来事が
自分の案件の中で立て続けに起こり、振り返りをし、
苦手という言葉で片付けない運動を密かに始めした。

苦手意識は誰にでもある事ですが、
皆さんちょっと待ってください。

・食わず嫌い、やらず嫌いではないですか?
・億劫だから、苦手という言葉で片付けようとしていませんか?

これを意識的に自分に問いかけて、
小さいところから行動を起こしてみたら、
案外さっとできて拍子抜けです。笑

苦手と思う前に、
自分で考えて行動に移す事で、
現在苦手意識を持っている物事の半分くらいを解決できるのではないでしょうか。
(苦手意識と一言で言っても、対象や苦手度はひとそれぞれではありますが)

一つでも多くの苦手意識を乗り越えて、
自分の可能性を広げ続けていけるような一年にしていきます!

良いところを取り入れあう

 

 

 

 

 

 

 

先日の3連休で、中嶋さんと(橘川さんは残念ながら欠席)と香港に旅行に行きました!!

クリスマスど真ん中に香港のねずみの国に行きましたが、

なんと、ほとんどの乗り物が5分から15分で乗ることができ大満足でした◎

 

このように、休日に出かけたりする程、SGは仲が良いので、

性格も似たタイプが集まっているように見えますが、実は性格が真逆だという話題で、

増野さん橘川さんとのランチで盛り上がりました。

 

そしてその直後、MTGをしていたところ、

まさにその性格の違いが表れる出来事がありました。

会社の経費で物を購入したい件について、

MTG後に橘川さんと私で代表決裁をもらいにいく事になったのですが、

橘川さん「すぐ、決裁をもらいに行こう。」

私「一旦、決裁をもらう為の打ち合せをしましょう。」

真逆です。笑

それぞれの行動には、以下の可能性があります。

【すぐに決裁を貰いにいく】

決まったことをすぐに行動に移す事はスピード感があり良い事だが、

無計画に交渉しNGだった場合、次の交渉のハードルが高くなる。

【一旦、打ち合せをする】

交渉の段取りを事前に決めておくことにより、交渉成立の可能性を高めるが、

長時間の打ち合せによりぐだぐだになる恐れがある。

 

、、、これを受けて、ちょうど間をとれるといいねと増野さんからアドバイスを貰いました。

来年から、更に連携して行う業務も増えるので、

お互いの良いところを取り入れ、不足部分は補填し合って、

1+1=10くらい力を発揮できる強力なチームにしていきたいです。

 

 

「親身」

 

 

 

 

 

どんな担当者になりたいか?

最近、鈴木さんとランチに行き、
この話題になりました。

最初
「化粧品といえば名前があがる」
「お客さんから聞かれたことには何でも答えらる」担当者になりたいと答えましたが、
それは新人のサッカープレイヤーが、
「いきなりチームの中でエースになる」
「いつでもパスしたらゴールしてくれる」
ようなプレイヤーになると宣言するのと同じレベルで、直ぐには実現不可能な内容で、
もっと地に足がついた目標を立てないといけないと気づかされました。

大きな目標を達成するためには、
小さな目標を立ててどんどんクリアしながらステップアップしなければなりません。

それを受けて今の自分が、
SGの担当者、SG外の行政書士の中で、
今の自分の努力でなんとか突き抜けられる可能性があるものを探し、、、
目指す担当者像を「親身な担当者」にしました。

まだまだ、お客さんとのかかわりの中で、
スケジュールがずれ込み1人でばたばたしたり、
気持ちの余裕がなくなったりする事がありますが、
そんな中でも親身な担当者である事を軸に、
一人一人のお客さんのサポートをします!!

サポートの過程

 

 

 

 

 

最近、私が化粧品チームに入ったばかりで、
知らないことが多かった時から関わっていたお客さんの許可がおりました。

最初は一年前の面談同席スタートでしたが、
最終的には県庁への申請、実地調査前レクチャー、
実地調査当日の対応を一人で任せてもらい、
役所のHPを見ただけでは分からないような、実務上の貴重な経験をしました。

特に、
許可取得要件をクリアしつつ実務上無理が出ないようなプランをお客さんに提案し、
役所とも調整していく過程に関わった経験は、
今後自分が主体となってサポートをしていく上での大きなヒントになりそうです。

また、化粧品の許可と一口に言っても、
どんな事をしたくてどの許可を取るのかによって、
要件のハードルの高低差等の様々違いがあります。

ただどんなに複雑な案件でも、
お客さんのやりたい事をヒアリングして、
許可取得に向け準備をする大枠は変わらないので、
対応の引き出しを増やして、
お客さんそれぞれの実情に最適なサポートができるよう精進していきたいです。

 

ゴール設定をする

 

 

 

 

化粧品チームは、新しいメンバーが入った時や、
イレギュラーなケースの面談を経験した後にロープレを行います。

最近、ロープレの相手役をしていて気付かされたことがありました。

「お客さんからどういう担当者に見られたいのか?」

ロープレで相手役をやっていて、
「ツールを使いこなせて許可についての説明もばっちりできているのに、
なんか担当者に対してもやっとするなー。どこをアドバイスすればいいのか。」
と一人でもやもやしていた所、増野さんから、
「お客さんからどんな担当者だと思われたいの?」との投げかけがありまして、
はっ!!!としました。

面談作りをするにあたってお客さん目線に立つ事は大前提ではありますが、
いざロープレとなると、
「どういう説明をしたら分かりやすいか?」
「許可の要件にかかわることのヒアリングを漏れなくしたい!」
等の「自分」が練習してきた成果を発揮したいというところに意識が傾いて、
自分本位な面談になってしまいます。
(下手したら、相手役が置いてけぼりです、、、。)

そのままの状態でロープレを続けても、
実践でのいい結果が見込めませんね。

そして相手役をしていた私自身も担当者のゴールイメージを共有していなかった為、
担当者にアドバイスをする事ができませんでした、、、。

今後、様々な場面でロープレをする機会があると思いますが、
「相手にどんな印象を残したいのか」ゴール設定をし、
実現する為に具体的にどんなアクションをするのか、
ゴールに対するイメージをできるだけ明確にする事を意識して取り組んで行きたいと思います。

富士登山

 

 

 

 

 

 

念願の富士山に登りました^^

社会人になってから、
ちょくちょく山に登っていますが、
日本を代表する山「富士山」にいつか絶対登りたい!!と思っていたので
念願が叶いました。

しかし、富士山はあまり植物が生えていないので、
登る過程はやや退屈です、、、

そして、あまり急に登ると高山病になる恐れがあるので、
自己管理が重要です。

途中で少し「退屈な山だなー。」って思ってしまいましたが、
山頂でのご来光を見た時の感動といったら!!!

本当に素晴らしかったです。
エネルギー量に圧倒されました。

富士山でパワーチャージしてきたので、
引き続き元気に朝活しますー◎

靴の効果

 

 

 

 

 

みなさんこんにちは。

突然ですが、足元を見てください。
どんな靴を履いていますか?

最近靴の手入れについて調べていたら、気になる記事を見つけました。

「スーツと靴どちらにお金をかけるべきか」

5万円の予算があったら、多くの日本人はスーツ3万靴2万が妥当だと考えるのに対し、
欧州の人々はスーツ1万靴4万と考える。といった内容でした。

その理由が
・スーツに比べて靴は流行の移り代わりの影響を受けにくい為、
良い靴を買えば長く履くことができる。
・足元こそが身だしなみに大きな印象を与える

だそうです。

たしかに、私も靴磨きにはまり革靴を履くようになり、
靴は手入れをすればかなり長く履くことができて服に比べてかなりコストパフォーマンスがいいことに気づきました。

そしてきちんと手入れをした靴を履くと、それだけで気分もシュッとします。

コストパフォーマンス・印象・モチベーションアップ
いいことが沢山ありますね!

((他にも靴からその人の9割の情報が読み取ることができるという実験結果も出ているそうです))

手入れをしながら、大切に靴を履いて、
毎日がんばろうと改めて思いました。

25歳は100歳の4分の1

 

 

 

 

こんにちは。

今月24歳になり、そろそろ人生の4分の1が終わろうとしています。

「25歳は100歳の4分の1」

出生から就職までは、
自らアクションを起こさなくても自動的に入学や卒業、就職などの節目が訪れ、
友達と同じような時を過ごしました。

なので自分の意志とは関係なく勝手に訪れる人生の節目が終った今、
残りの4分の3の人生はどうなるのか、、、と最近よく考えます。

何もアクションしなければ、
ぼんやりとたしたまま残りの4分の3の時間が終わってしまうと思うとかなり焦ります!

なので「意識」して日々をすごすことを心がけていきたいです。
この前置きにつなげるには少し無理やりなところがありますが、
最近、心も体もたるみがちな自分を変えようとスクワットチャレンジというものを始めました。
(50回スタートで毎日5回ずつ増やしていき、1か月続けるブログラムです。最終日は250回になるようです。汗)

昔、10キロのダイエットに成功し、「見たか!自分!」と誇らしい気持ちになり、
自分の事は自分でコントロールできることを実証できたことがとても自信につながった経験があるので、
「意識する力」養成プロジェクトの第一歩には丁度よさそうです。

そして、スクワット初日、、、しんどすぎて違うダイエットに切り替えようかと思いました。
が!心と体をたたきなおすためだと自分を振い立たせ、現在は6日目80回を軽々こなしています。

意識して自分を変えることはむずかしいですが、
その中でも、体型を変えることは比較的簡単なのでこのまま頑張って250回をやりとげて見せます。

充実した人生を送れるよう、
「意識」をしっかり持って残りの4分の3の時間を過ごしていきたいです。

第1回新卒合宿を終えて

初めて投稿します。
土子翠です。

SGの第一回目の合宿研修に参加しました。
場所はうなぎで有名な浜松です。
もちろんみんなでいただきました!!(画像参照)

集合研修というと細かくスケジュールが決まっていて、
皆それに従ってなんとなくお題にそって話し合うというイメージが強かったのですが、
SGの集合研修はまったく違うスタイルでした。

講師陣と新入社員混ざってのフリートークです。
ぽんぽん意見がでたり、皆がうーんと考える場面があったりして
型がきまっていない討論は普段よりも頭を使いました。

レジリエンス(折れない心)がテーマの時に、はっとした言葉があります。
「逆境に何度立っても成長できない人は、
逆境(たとえばクレームの場合)人のせいにして終わっているケースがある」

「自分はたまたま厄介な案件にあたってしまった、だから自分は悪くない。」
「お客さんが言ったとおりにしただけだ。」
これではせっかく自分を成長させるチャンスを逃してしまいます。

今までの自分を振り返ってみると、
(言葉では謝って、心の中は不服でいっぱい)
何度もあったと思います。
しかもただ謝って終わりにすると、すぐに記憶から出来事が薄れます。

「逆境」から同じダメージを受けて、成長する人と変わらず同じ事を繰り返す人、、、。
後者のもったいないこと!!!(今までの私ですね。)

今後は逆境の大小に関わらず、しっかり受け止めて教訓化することによって、
常に成長できるような人間になりたいです。

また、他にも様々なことを学び、気づいたので、
アウトプットして身に染み込ませていきます。

貴重な二日間をありがとうございました。