カテゴリー別アーカイブ: 三瓶良輔

自分でつかんだ答えなら、一生忘れない。

こんにちは。新宿オフィスの三瓶です。

今年も前半戦が終了して、来月から後半戦に突入ですね。
1年はあっという間です。後半戦も限りある時間の中で、計画的に進めていきたいです。

さてさて、私も社会人6年目になり指導に回る場面が多くなりました。
新卒で入社した私も、今や「主任」の立場になり、2人を直接指導しています。

SGの教育方法はマンツーマンでの指導体制が基本になっています。

入社すると特定の上司について、業務知識、ノウハウ、面談ロープレ等の指導を受けて、
仕事の進め方やビジネスマナー、専門的な知識を習得してもらいます。

私自身も入社当時は山田さんについて、いろんなことを学びました。
そんな自身の経験から、指導側に回って一番気をつけていることがあります。

それは「答えを教えない」ということです。

ただし、この「答えを教えない」は、単純にあえて言わない、情報を与えないといったことではありません。
考える力を養う課題だったり、問題だったりを課した後は「答えを教えない」ということです。

簡単にいうと「正解の一歩手前までは教えるけど、そこから先は考えてね」って感じです。

山田さんとやっていた当初、あれこれ自分自身で考える場面が結構多かったと記憶してますが、
一度も「答えを教えてよ」と思ったことがなかったです。

なんでかな~と振り返ってみたときに、自分なりに考えてみたんですが、

山田さんの指導の仕方がまさしく「答えを教えない」という方法だったこと、
そして、その方法で自分が成長していて、更にはそれに気づくようなフォローをしてもらっていたとが大きかったからです。

私の好きなサッカーマンガにこんな1コマがあります。

「自分でつかんだ答えなら、一生忘れない。」

まさしく、自分自身で考えて導き出した答えだったからこそ、
自分自身の確かな糧となり、成長に繋がっていたということでしょうか。

自分の経験をもとに、私もこの方法で指導をしていますが、「答えを教えない」って結構難しいです。

何でもかんでも教えないっていうのだと、常に相手を試しているような感じになり、
相手の成長を止めてしまったり、お互いの関係性も上手くいかない場合があります。

この見極めに関してはまだまだ勉強中ですが、私も一緒に成長していける関係性がベストだと思っているので、
意識して取り組んでいこうと思います!

清算の年

 

 

 

 

 

 

 

 

新年あけましておめでとうございます。

新宿オフィスの三瓶です。

 

あっとゆうまの2017年。1年はほんと早いですね。

2016年は新しいことにチャレンジしていたようで、結局ものにできていない1年だったな~と思ったので、

今年は自分の「糧」になるようなチャレンジをしていこうと思います。

 

チャレンジとは別で、今年は「清算」をテーマに掲げていこうと思ってます。

何の占いか忘れましたが、お正月特番の占いで私の生年月日から今年のテーマは「清算」になるとのことだったので。

 

そんなこんなで、さっそく身の回りの整理からスタートさせました。

職場のデスクだったり書庫はかなりきれいになりましたが、自宅はまだまだ時間がかかりそう・・・

ですが、まずはいらないものを捨てる所から取り掛かってます。

改めて思うのは、いらないものが多い多い。

これでもかと思うくらいいらないものだらけでした。

 

今は「モノ」ですが、今後は人との関係とか、他のものにも着目して清算していこうと思います。

 

占いでは「決断」もすることになる年になるとのことだったので、何かしら動きのある1年になる気がしてます。

今年も1年楽しみます!!!

善人になっていませんか?

新宿オフィスの三瓶です。

 

2年に1度の入札参加資格の更新シーズンが来ましたね。

弊社も例年よりも多くのご依頼をいただいており、担当するメンバーも倍以上に増えてきています。

年々業務の仕組化が進んできているおかげで、多くのご依頼を受けることができています。

これも成長ですね。

 

さてさて、ドラマに映画にと最近「ウシジマくん」が熱いですね。

学生時代からスピリッツで読んでいる原作ファンの私としては嬉しい限りです。

 

そんなウシジマくんの作中のセリフにぐっとくるものがあるので紹介します。

 

「敵を作れねェのは善人ぶって自分に嘘を付く弱い人間だ。自分の本心に向き合っている分マシじゃねェーか。」

 

他の人も「いいセリフだ!」ということで取り上げているこのセリフ。

 

つい、いい顔ばかりしてしまう私にとっては考えさせられるセリフです。

 

ときには自分の意見を言って、衝突しなければいけない場面もあると思います。

特に指導する側は相手のためにも意識していかなければ!ですね。

 

さあ何を切ろうか?

新宿オフィスの三瓶です。

現地調査や打ち合わせで、最近は外に出ていることが多いです。
私はオフィスでじっとしているよりも動いている方が好きなので非常にありがたい限りです。

先日、鈴木さんがお子さんと麻雀をよくやるという話をしていた際に、
「麻雀は教育にもええんよ~」とおっしゃっていたのが気になったので調べてみると・・・

「麻雀教育法」なるものがあることを知りました!

なんでも幼いうちから麻雀を教えることによって、どんどん成績が延びると。
テレビ番組でも取り上げられたみたいですね。

紹介しているサイトをいくつか読むと、麻雀をやることによって鍛えられる要素について
「確かにな」と思うことが多かったのでいくつか挙げてみます。

①判断力・決断力 ②推理力・洞察力 ③勝負勘 ④忍耐力 ⑤コミュニケーション能力

こう並べてみると、確かに頭がよくなりそう!と思ってしまいますね笑
教育にもいいかもしれませんが、これはビジネスの場面でも十分活用できそうです。

最近、大阪オフィスで「テンポアップ」を意識して行っていこう!と取り組んでいますが、
ここでいう①判断力・決断力が「テンポアップ」に繋がりそうですね。

麻雀では、勝負に勝つために無数の可能性がある中で、誰よりも早く手を作って和了する必要があります。
どのように手を作っていくのか、この手でいいのか等々、常に自分自身で判断・決断してゲームを進めていく必要があります。(何より決断が遅いと、他のメンバーからやんや言われてしまいますしね笑)

失敗や後悔することも多いかもしれませんが、何度も繰り返し行っていくことで、
判断力や決断力が鍛えられていくな~と。

ゲームをしながら鍛えられるのであれば万々歳ですしね。

はたして私は鍛えられているのか!?と考えたときに、
こんな画像が携帯に残っていたので紹介します。

 

 

 

 

 

 

まだ麻雀をやり始めたばかりのときに、どんな形を作っていくのがいいのか、わからなかったときに撮った一枚です。
当時はよくわからずに、とりあえず「北」を切った記憶がありますが、今見返すと和了の形もイメージして決断できるなと!!!

(普通に3色一直線だと思うんですが、他にいい手があったら教えてください笑)

成長しましたね~

昔読んだマンガにこんな一言がありました。

「麻雀が強いやつは、仕事もできる」

麻雀強くなりたいな~

アメフト観戦に行きました!

 

 

 

こんにちは!新宿オフィスの三瓶です。

たまーにですが、オフィスメンバーでスポーツ観戦に行きます。

主にプロ野球(神宮か東京ドーム)が多いのですが、
先日、アメフトを観に行きました!xリーグのリーグ戦です!

なぜアメフトなのか!といいますと、
オフィスメンバーにチアをやってる人がいるからです!

だいたい年1で行ってます。
多分、私の同世代の人だと「アイシールド21」で、アメフト自体には馴染みがあると思いますが、
ルールが中々覚えられない、、

先日の試合でも、
「何であれがファールなの?」「何でそんなに攻撃位置を下げられたの?」
といった理由がわからないプレーがありました。

でも、主催者側?は初心者でもわかる取り組みをしていました。

それは、プレーの解説を配信する音声機器を希望者に配るといったものです。

何人かイヤホンをつけた人がいるなーと思ってたのですが、
どうやら、プレー解説を聴きながら観戦していたようです。
(どうやってもらうのかはわからなかったのですが、、)

何でも言えることですが、
知らないなら見るな、知らないならやるなといった風潮が結構ありますが、
こういった取り組みは、純粋にいいなーと思いました。

個人的には、最近話題の「体操」の中継でもやって欲しいです!
どの技が高難易度なのか、何が評価されてるのか、
その辺りがわかるともっと楽しめるので!

横に並んでみる

私は「東京03」というお笑い芸人が好きで、ライブを観に行ったりします。

最近、テレビのコント番組でもやっている「同期会」というネタがありまして、
去年の彼らの定期公演でやっていたネタなんですが、ライブで観たときからツボに入ったネタです。

簡単に内容を説明すると、

部下を持つ中堅社員が、居酒屋で同期会をしている設定
部下の言動や行動について愚痴を溢すものの、結局、自分たちもできていない

といった感じです。

面白おかしくしている部分はあるんですが、
何か失敗や間違いをすると、

「違うんですよ」や「いや、わかってるんですけど」と、

自分を正当化する言い訳をするのが気にくわない!といって話を盛り上げていくコントです。

※最近DVDが出たので、気になる方はチェックしてみてください!

初めて観たときから「いるいる!笑」とツボに入ったんですが、
自分自身に目を向けたときに、「自分は後輩に対してどうしているか」を考えてみました。

私の中には、
「自分ができないことを、他人に押しつけたくない」
という想いがあります。

この心理だと、仕事上、難しい案件等自分でもすぐにできない仕事を部下に依頼することはなく、
自分が時間をかけてやってしまうといった行動に繋がってしまいます。

個人的にこの行動の心理は、
「相手に悪く思われたくない」という気持ちがはたらいているからだと思っています。
それと、自分の恥や弱みを他人に見せたくない美学みたいなのもあると思います。

ただ最近、この考え方が変わってきました。

以前は先輩として、常に後輩よりも一歩前にいて引っ張っていくイメージを意識していたのですが、
今は一歩後ろに下がって「並走する」を心掛けるようにしています。

自分のできない部分、弱い部分も含めて後輩に見せつつ、
「俺もできないけど、一緒にやってくれや」と言わんばかりに笑、仕事に取り組む考えに変わってきました。

これが成長なのか自信はありませんが、自分自身の変化を感じたタイミングの話でした。

東京03のライブもいいですが、ラジオもおすすめです。

「いい、加減さ」を取り入れる


新宿オフィスの三瓶です。

弊社では主任メンバーを中心に育成MTGを不定期で実施しています。

先日は仕事の中に「いい、加減さ」を取り入れるという話をしました。

簡単に言うと、「絶対に達成する」「失敗しない」といった100%ばかりを目指すのではなく、
「~しよう」「~したい」といったいい按配を心掛けようという意味での「いい、加減さ」を仕事に対する意識の中に取り入れようというものです。

目標に対する強すぎるコミットメントは、それができなかったときに本人の心理バランスを崩すことになるので、「~しよう」「~したい」といった望ましい行為に意識をシフトさせて成功率を上げる狙いがあります。

MTGの中で、私と後輩との距離感がちょうどいいと話題にしていただいたのですが、
意識してやっていたわけではないので、その要因は何かな~と自分で分析してみました。

おそらくですが、自分が新人だったときの経験がプラスに働いていると結論づけました。

後輩と業務をやる時は、自分のときはこうだったけど「こうしてもらったら」「こうやったら」よかったな~と常に考えているので、無意識に言動や行動に反映されているのだと思います。

ただ自分の意見を無理やり押しつけるのだけはしたくないので、そのバランスはいつも試行錯誤しています。

そして基本は背中で語るタイプを意識しています笑

いつの間にか教える側のポジションになってきましたが、日々勉強中の身です。

最近の日課


こんにちは。

新宿オフィスの三瓶です。

最近、近所の温泉に行くのが日課になっています。
最低でも週に1回のペースで通ってます。

そして、ここ何週間かは休日の朝一で温泉に入るのにはまってます!

朝一だとお客さんが少ないのがいいですね。

先日のW杯日本×コートジボワール戦も、サウナで観戦しました。

本田がゴールを決めた瞬間、サウナ室に一体感が生まれたのを今でも鮮明に覚えてます。

いつも通っている施設で、私がはまっているのは炭酸泉です。

※炭酸泉の効果は皆さんで調べてみてください。

そこの温泉には、露天風呂に炭酸泉に入れる場所があるのですが、
檜の浴槽の炭酸泉+露天風呂とあって、入浴していて非常に気持ちいいです!

いつも行くと、20分×2セット炭酸泉に入ってます。

炭酸泉はお湯の温度が低く設定してあるところが多いので、比較的長い時間浸かることができます。

今週は仕事終わりにも行きたいと思います。

皆さんもぜひ炭酸泉に入って、日頃の疲れをとってみてください!

男性スタッフの様子

こんにちは。

新宿オフィスの三瓶です。

先日採用面接に来られた方から、ブログで社内の様子を発信して欲しいとの要望がありましたので、
今回は新宿オフィスの特に男性陣の様子を発信しようと思います。

社内でもあまり知られていないかもしれませんが、
実は、「新宿オフィス男性チーム」として終業後に活動してたりします。

2013年度の活動はというと・・・

・プロ野球観戦
・アメフト観戦
・大学ラグビー観戦
・ボルダング

と、主にスポーツ観戦を楽しんでいます。

野球観戦については月1回のペースで神宮に行ってた気がします。

ボルダリングについてはまだまだ初心者ですが、
都内のボルダリングジムに通ってみんなで汗を流しています!

男性陣だけで集まっているのかというとそうではなく、
女性スタッフも一緒に野球観戦を楽しんでたりします。

2014年度も引き続き活動していく予定です!

実は最近弊社のオフィスの近くにMLBカフェができました。
シーズンが始まったら行ってみたいなと密かに計画しています。

今年は観戦だけでなく、実際に身体を動かしていきたいなと思ってます!
どんな一年になるか楽しみです。

時代の流れを遡る

 

 

こんにちは。三瓶です。

 

最近新しいレコードプレーヤーの購入を検討しています。

 

この時代にレコード?と思う方は多いかもしれません。

なぜレコードプレーヤーの購入を検討しているのか。

 

 

私はもっぱらバンド音楽を聴くのが主です。

特にアメリカのインディーズバンドを好んで聴くのですが、私の好きなレーベルからリリースされる音源はCD、デジタル音源、そしてレコードと多種になっています。

 

そうです。新しい音源をレコードで発売しているのです。

「今の時代にレコード?」と思う方が大半だと思います。

 

しかしこのレコードは売れているのです。それはなぜか。

 

このレーベルから発売されるレコードを買うと、「ダウンロードクーポン」が付いてきます。

 

「ダウンロードクーポン」とは・・・

インターネットの専用ページ内で、クーポンに記載された英数字を入力することにより、購入したレコードに収録されている音楽と同じ内容のデジタル音源がダウンロードできるという仕組みです。

これにより、購入者はレコードを買うことにより「アナログ」と「デジタル」の両方の音楽を手に入れることができるのです。

 

この商法の面白いところはいわゆる時代の最先端ともいえる「デジタル」と、過去の文化である「アナログ」とを組み合わることにより新たな価値観を見出していることです。

 

CDを買ってパソコンでデジタル化すればいいのではないか?・・・と思われると思いますが、

あえてレコードで聴くという、今の若い世代には「新しさ」を感じられる部分もあるし、

何よりレコードに針を落とす瞬間の気持ちの高ぶりは、CDコンポのスタートボタンを押した瞬間とは別の気持ちを感じることが出来ます。

 

皆さんもあえてレコードで音楽を聴く、やってみてください。

 

 

いつか自分のバンドの音源を作るのであればレコードで作りたいとずっと夢見ています。

 

行列のできる店

 

 

先日、神保町にあるとある焼肉店へ行ってきました。

そこはランチ時には行列は当たり前、2時間待ちがざらにあるところです。
当日は2時間半待ってやっと食べることができました。
(友人が先に並んでいてくれたので、僕は20分程しか並んでいませんが笑)

正直ここまで並ぶなら・・・と思うところはあったものの、美味しさが勝ったのでよしとしてます。

昔、恵比寿オフィスに勤務していた頃、オフィスの近所に開店前から常に行列ができている某有名フレンチ店がありました。
ここはチェーン店で今でも着々と店舗を増やしています。

どのような方針で経営しているのか気になって調べてみると、秘訣は2つありました

①ドミナント戦略を用いる
これはウォルマートやスターバックスが行っている戦略だそうで、ある地域で圧倒的な存在感=ドミナンス(圧倒性)を確立したら、次の地域へと侵攻していくという戦略とのこと。このフレンチ店は現にある地域では系列店が近隣に8店舗もある。

また、この戦略のいいところは行列を経営資源として有効活用出来ることであり、
通常お店が混んでいれば、そこに来た顧客は他店に流れてしまう。しかしドミナント戦略なら、系列の別のお店に顧客を案内することができるようになるそうです。

②回転率を上げる
店内は基本立ち飲み形式で、顧客の回転は着席型のレストランよりも早い。しかも、驚愕の料理が驚愕の価格で供せられるという噂が噂を呼び、お店の前に行列が途切れることがないから、この種の業態としては異例の高回転が達成できる。これにより原価率を上げても利益が出るというビジネスが成立するそうです。

何気なく見ていた行列も詳しく調べると、戦略的経営の効果だったりするんですね。

いつか行こうと約束した店。
恵比寿が少し恋しくなってきました。。。笑

プラスαの「おもてなし」

こんにちは。

東京オリンピック決まりましたね。

今年の流行語大賞は「今でしょ!」「倍返しだ」「じぇじぇじぇ」のどれかだと思っていたのですが、
ここにきて「おもてなし」が食い込んできましたね。

自分としては「今でしょ!」が勝ちとって欲しものですがどうなることやら・・・

さて、先日読んだ新聞記事に「日本への外国人観光客増加」とありました。

これはオリンピックの影響で・・・というわけではなく、円安が影響しているとありましたが、
政府が目標としている本年度の訪日外国人1000万人も達成できそうな勢いだそうです。

この勢いにより観光業はもちろん、小売業や外食業でも外国人を接客する場面が増えており、
対応次第で売上を伸ばすチャンスも増えてきているのでは・・・と説明していました。

それでは、いかにしてこのチャンスを活かすのか。

それは「おもてなし」次第だと考えます。

例えば、、、ホテルの従業員がお客さんの母国語で接客するとどういった効果があるでしょうか。
お客さんが安心して話せるというのは容易に想像できると思いますが、安心により本来の目的以外の会話も発生すると考えられます。

従業員はその会話からお客さんの別のニーズを知り、それに応える提案ができ、
その提案からまた新たな効果が生まれる。

こういった相手のニーズを理解し、心を掴む「おもてなし」ができると、両者にとってもウィンウィンな効果が発生するのだと考えます。

今後も益々訪日外国人は増えていくことが予想されます。

これからも、訪日外国人が日本に来やすく、過ごしやすくするように日本の大きな特徴である細やかな気配り、ホスピタリティを存分に発揮した「おもてなし」をしていけるといいですね。

SGも今以上の「おもてなし」を提供できるように走っていきます!

人間観察

最近電車に乗っている時によくやることがあります。

「目の前の座席(1列)に座っている6.7人の人のバックグラウンドを想像する」

ということです。

特に帰りの電車でやるのですが、
この人は会社でどんなポジション・役職で、仕事はできるのか、
周りからの評判はいいのか等色々と想像しています。

答えは当然わかりませんがひたすら想像します。

これは観察力を鍛えるためという名目でやり始めたのですが、
最近は単純に面白いからという理由に変わりつつあります笑

やり始めて変わったことがあります。

それは初対面のクライアントとの打ち合わせの際に、
一目見ただけで相手がどのような人なのか想像できるようになったことです。

クライアントと話していく中で、当然相手がどんな人なのかわかってくるかと思うのですが、
最初に想像したイメージと大体合ってることの方が多くなりました。

そして何より変わったと思うのが、
相手の気持ちを読み取る力がついてきたということです。

相手はどのような心理・意図でこの話をしているのだろうか等、
より踏み込んで相手のことを考えることができるようになってきました。

みなさんもぜひ試してみてください。

私はみなさんに電車で見られたときに、
「仕事できそう!」と思われる人になれるようにがんばります!笑

毎日の勝ち負け

 

 

「毎日の収支を勝ち負けで追いかけ、今日問題を見つけたら、明日、手を打つ」

 

先日、私が読んだ某大手物流会社の会長さんが執筆した本にこうありました。

 

この会社では、毎日の収支を黒字か赤字かで、「勝ち」「負け」に分け、

負けの日は何がいけなかったのか、明日はどこを改善すれば勝ちになるのか等、

日々改善に取り組んでいるとありました。

 

 

そもそも、なぜこのような取り組みを始めたのか。

会社の経営が傾いた際に、いよいよ資金繰りが難しくなった。

銀行からの融資を受けるために、会社が「潰れそうではない」ということを証明するために、日々の収支を計算した。

 

するとどうだろうか。

 

儲かっていると思っていた収支が大赤字。

ガソリン代、人件費等のコストを考えると、働けば働くほど赤字が増えていく「どんぶり勘定」であった。

このとき、コスト削減により業績改善が図れることをに気づき「収支日計表」という毎日の儲かったか否かの結果が一目でわかるような表を作成した。

これを基に、業績改善の見通しを立て、実行し会社を立て直した。

 

簡単にまとめるとこのように書いてありました。

 

これを見ると当たり前のことをしているだけだなと思ってしまいがちです。

しかしこの当たり前だと思う基本的なことを実行することが一番難しいのだと思います。

自分がそうですから笑

 

この本を読んで、改めて基本が大切だということを認識しました。

 

毎日の改善点をしっかりと受け止め、明日には改善できるように取り組むと、

どんどん成長できると思います。

 

当たり前のことですが、これが一番大切なことだと思います!

 

 

本日のおすすめの1曲

reflection  eternal/Nujabes

今の自分の存在は、過去の先人たちの反映である。

この曲大好きなのでぜひ!!!

 

SGに入って変わったこと

新宿オフィスの三瓶です。

SGに入って変わったこと。

それは「自ら考えて行動する」という考え方が自分に定着したことです。

「結論」に至には必ず「過程」があります。
SGでは特に「過程」を求められることが多いです。
(結論も当然重要ですが。。)

どのように考えてその結論に至ったのか。
なぜ?どうして?

相手に尋ねられ過程を説明する時にその内容がふわっとしていて曖昧だと、
いくら結論が間違っていないとしても
「もう一息!」
と、どうもすっきりしない感じになってしまいます。

そして気づいたことがあります。

自分でしっかり考えて出した結論だと、自ずとアウトプットも上手くいくということ。
過程を自分の力でしっかりと経れば、アウトプットする力も自ずと身に付いてくる。

「自ら考えて行動する」ということが
自分を成長させる一番のポイントなんだと気づいたとき、
意識を変えて取り組まなければ!と自分を切り替えられました。
(そのきっかけを作ってくれたのは会社の先輩です)

それからはいつでもアウトプットできるように
しっかり自分で考えて何事も取り組んでいます。

もっともっと頭を使って成長してやります!

ジンギスカン!

新宿オフィスの三瓶です。

先月は出張が重なり、

北海道・大阪・福岡と日本各地を飛び回りました。

出張先の各地でご当地グルメを堪能してきたのですが、
意外と美味しかったのがジンギスカン。

好みが分かれる・美味しくないのような酷評しか聞いてこなかったので
ドキドキしていたのですがそんなことはなくムチャクチャ美味しかったです。

獣感のあるにおいと味が堪らなく美味しかったです、、、
これが肉食系というやつか!

私は肉食系ではなくいわゆる草食系なんですがね笑

目指せ肉食系男子!

 

本日のオススメの1曲
Luv(sic)Part.2/Nujabes