「zeh-hojyokin」

ZEHとは、1年間の消費エネルギーより、
住宅でつくったエネルギーのほうが多い、または差がゼロになる住宅のことです。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)はスマートハウス同様、
ムダを省く「省エネ」、太陽光発電などでエネルギーをつくる「創エネ」、
蓄電池を貯める「畜エネ」、エネルギー状態を見えるようにする「HEMS」を組み合わせて活用します。


ZEHを導入する住宅には国からの補助金を受けることができ、
補助金を受けるには、一定の要件を満たす必要があります。

 ZEHを検討されている住宅販売会社様・ハウスメーカー様へ

日本政府は、「エネルギー基本計画」(20144月閣議決定)において、
「住宅については、
2020年までに標準的な新築住宅での住宅の年間の
一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。

この推進スピードをあげるために、現在ZEHを目指す人には、補助金制度など優遇措置があります。

このことから、新築住宅を建てたい人や住宅リフォームを考える人にとっては、
ZEHは見逃せないキーワードとなってきていますので、ZEHをお考えのお客様は是非弊社をご活用ください!

ZEH補助金申請について、起こりやすいトラブル


現在、ZEHに該当する住宅は国から補助金を受給することができます。
しかしながら、申請に必要な書類が多く、公募時期が非常にタイトなものとなっております。

それゆえ、下記のようなトラブルが多いです。

○公募時期が非常にタイトで、添付書類を準備していたら、申請期限を過ぎてしまった


○印鑑証明書を用意する必要があったのに、用意していなかった


○お客様への書類周知ができておらず、申請に間に合わなかった


工事完了申請をしなければいけなかったのに、その期限を過ぎてしまい 
  補助金を受けられなかった!



などなど。

そのようなことが起こらないために、

申請時期ごとの期日管理や注意点の把握、書類作成などを含め、
補助金を確実に・スピーディーに受け取ることができるように、

私たちがしっかりとサポートさせていただきます!

ZEH補助金担当(東京・大阪・名古屋)です。私たちにお任せください! 

当社では、数々のエコ補助金申請を代行してきた実績を活かして、ZEH補助金申請代行を行います。
施工業者様の負担は最小限にとどめるフローでご提案いたしますので、
ZEH補助金導入後も、本来の業務に注力していただけます。


< ぜひ、お気軽にお問い合わせください。>

 公募の流れ

【公募期間】 一次公募~六次公募まであります。

  ↓

【交付決定】 申請から一ヵ月後

  ↓

【事業期間】 交付決定通知書を受領後~約四ヵ月間

  ↓

【補助対象事業実績報告】 事業完了日から15日以内又は期日が早い方

  ↓

【補助金の入金】

 業務フロー

 例)ハウスメーカー様との場合。

工事前


① お申込み    
(申請書作成に必要な書類をご送付いただきます) 
② 弊社で申請押印書類作成・お客様とやりとり   
(お客様にわかりやすい書類作成!)
③ 弊社で工事前申請   
(補正があった場合も弊社で対応!) 

 



 工事完了後

① 工事が終わる頃に弊社から必要書類の送付依頼
(しっかりとした期日管理で、送付モレを防止!)  
② 申請書作成のための情報提供   
(建物完成写真や領収書などをご送付いただきます)
③ 弊社で申請押印書類作成・お客様とやりとり   
(お客様にわかりやすい書類作成!)  
④ 弊社で工事完了後申請   
(補正があった場合も弊社で対応!
うっかり申請期限を過ぎてしまうことを防げます!) 

※提携を結ぶ場合、業務フローや報酬については、別途ご相談させていただきます。

 報酬

 ※サポート内容(サポート範囲)や料金の調整はご相談により柔軟に対応させていただきます。

 よくあるご質問

申請期限はいつまでですか?

一次~六次公募まであり、公募ごとに期間が異なっています。

一次公募 平成28年 4月28日(木)~ 平成28年5月20日(金)
二次公募 平成28年 5月23日(月)~ 平成28年6月10日(金)
三次公募 平成28年 6月13日(月)~ 平成28年7月1日(金)
四次公募 平成28年 7月4日(月)~ 平成28年7月22日(金)
五次公募 平成28年 7月25日(月)~ 平成28年8月12日(金)
六次公募 平成28年 8月15日(月)~ 平成28年9月2日(金)

※平成28年度の公募スケジュール参照

また施工前の申請から施工後の事業実績報告まで弊社が行っておりますので、
「期限を過ぎてしまった!」というトラブルを防ぐ
ことができます!

補助対象額はいくらですか?

交付要件を満たす住宅一戸あたり、定額125万円が支給されます。
また寒冷地特別外皮強化使用や、蓄電システムを導入することにより、受給額が増加する場合もあります。

他の補助金とは併用可能ですか?

補助対象が重複する部分については併用できません。
例えば、地域型住宅グリーン化事業などの国庫を財源とするほかの事業とは併用できないとされています。

私たちにお任せください! ~担当スタッフからのメッセージ~

ZEH補助金担当:見取 

ZEH補助金担当:古田 

 全国対応可能

 サポート行政書士法人

 お問い合わせください(相談無料、見積り無料)

  1. ※必須 Required
  2. ※必須 Required
  3. ※必須 Required
  4. ※必須 Required
  5. 連絡希望時間等、連絡事項があればごちらへ
    Reservation time / anything else to inform us
  6. 上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックしてください。